メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: ナミブ砂漠

【後編】ナミビア ナミブ砂漠へGO!

キャンプ場 スナップ写真

ナミブ砂漠の入口ゲートから程近いキャンプ場へチェックインして素早くテント設営。

砂丘を見に行くためにパニアケース等の重い荷物を取り外してテント内へ格納。

砂丘を走れるのでワクワクしているタケヤンと共にゲートへ向かった。

 

バイク進入禁止

入口ゲート

意気揚々とバイクを入口ゲートへ持ち込むと、

ゲートのスタッフが入場できませんとお断り。

えーっ、聞いてないよー!

先日のエトーシャ国立公園といい、ナミブ砂漠まで…。

互いに課した役割分担、タケヤン頼むぜ…。

 

どうやらバイクの松尾さんが走ったことがあると情報を得ていたようだ。

ただスタッフにいくら聞いてもいつ頃からバイク進入禁止なったか不明。

というか、行ってみて思うのがバイクは無理でしょ。

尚更、松尾さんのワルキューレが走れるわけがない。

 

個人ツアーガイドを利用した

2人で困っていると、入口スタッフが現地ガイドを紹介すると言ってきた。

値段確認すると400ナミビアドル程(日本円換算で3,000円程度)。

まぁ、良心的な値段なんだろう外人価格でキックバックがあるのだろう。

既に来てしまったので、渋々ツアーに参加することにした。

彼が携帯で連絡すると、間も無くピックアップトラックが現れる。

 

ドライバーと料金で揉める

ガイドとなるドライバーに料金を確認すると了承した。

出発する寸前に”料金は前払い”と執拗に言ってきた。

ツアーが終わってから支払うとキッパリ断った。

それでもウダウダ言ってるから、

少し強めに「俺は日本人だから信用しろ!」と言う。

向こうも渋々、車を発進させる。

今考えると、出足から雲行きが怪しい…。

 

料金トラブル発生

入口ゲートから進むこと数十キロ過ぎたあたりにくると…。

黒人ガイド

この先に駐車場があるけど400ドルではそこまで。

それ以上先にある砂丘に行くには別料金だ!

 

ヌケヌケと平然とした顔で言ってきた💢

くぅ〜っ、超ムカついた!

俺がハンドルを切って強引に路肩に車を停車させた。

こっちも舐められては困ると猛抗議!!

最悪、降ろされてヒッチハイクするしかないと覚悟する。

 

最後は剣幕に引いたのか、チップが欲しいと苦笑い。

でもさ、何一つ周囲の解説があるわけでもなく到着前からチップってなに?

チップの意味知ってるかアホ!

 

それにしてもやり方が汚い。

過去にも沢山やってきたのだろう。

先に料金を支払えと言ってきた手口が見えてくる。

先払いしまうと手前の駐車場で終了。

支払わなければ先に進むこともない。

金返せも無理。

困った状況を引き寄せて、お金を引き出す作戦だ。

今考えてみると、ゲートスタッフが幾ら支払ったか聞かれた。

料金によって彼の取り分割合があるのだろう。

ナミブ砂漠へ向かう

砂丘まではアスファルト

気分を変えて先に進もうとするが、険悪ムードは消えない。

タケヤンは我知らずで、撮影に没頭してるしw

 

バイク走行困難

仮にバイクOKだったとしても、

荷物無しでも厳しい深さだな。

この風景を見てると、モンゴルの悪夢が蘇ってくる。

こんな感じの砂地を延々とコンボイに挟まれて走ったw

あの時は頑張ったな!

 

スタックしている車両を助ける

深い砂地をグングン進むと一台のキャンピングカーがスタックしている。

前後に動いているけど、さらなる深みにハマっていくように見える。

すると、黒人ガイドが助けに行くではないか!?

あれっ?

お前、いい奴じゃん!!

この出来事を境に、険悪ムードが消えた。

 

牽引して脱出

ガイドが運転を変わるがやはり抜け出せない。

今度は牽引することで脱出に成功した!

 

ビックダディへ到着

目的地に到着した

ナミブ砂漠で一番大きい砂丘に到着したが、

タケヤンが求めていた場所とは違ったようだ。

互いに地図を見せ合っていたけど、

アフリカ人は地図が読みこなせない人が多い。

今回もそれだったのだろう。

 

ビックダディ

歩いて登ることができる。

画像で見て取れるかわからないが、砂丘の上に人が歩いてる。

 

ビックダディ2

手前の自然が作り出す波模様が美しい。

早々に引き返して、本命の場所へ向かうことにした。

 

スタックしませんように

ガイドはハンドルを左右に動かしながら先に進んで行く。

スタックしないための運転技術なのかもしれないね。

 

DEADVLEI

さて、本命の場所に到着した。

DEADVLEIと書いてある。

 

歩くのが大変だな

デブの俺にはキツイ砂丘を登って行く。

砂丘の上には白人達が遠くを見渡してる。

高齢者にとっては厳しいだろうな。

 

遠くに枯れ木が群れてる

砂丘の奥には水があったであろう干からびた池の跡地がある。

昔は力強く育っていただろう木々達が今では干からびている、

独特な雰囲気

なんとも言えない不思議な空間となっている。

ポスターやカタログなど撮影に選ばれているそうだ。

 

カタログとかに使われそう

ダリを知らない癖に、彼の絵を連想してしまう。

 

ダリの絵にもありそうw

木が踊っているように見えてくる。

乾ききってる

テレビCMで見かけた、熱くて足を交互に持ち上げるトカゲを見たかったけど居ない。

 

自撮り

カラカラに乾ききった地面。

独特な雰囲気2

昼間は暑くてたまらないけど、夜になると寒さが忍び寄ってくる。

時間にして1時間程度だろうか、撮影を終えてピックアップトラックへ戻る。

帰りは日が傾き始めて、砂丘がさらに赤く染められて綺麗だった。

 

キャンプ場へ戻った

日が暮れる

宿へ戻ったので、パニアケースなど元どおりに戻す。

あれっ?

パニアケースステーにクラックが入っているではないか!!

ウイントフックのYAMAHAディーラーで直してあげよう。

明日の長距離ダートに耐えられるのか不安が残るが仕方がない。

 

毎回思うことだけど、こんな重い荷物をずーっと背負ってくれて感謝。

この先も大事に乗り続けてやろうと思い直す瞬間になってる。

 

本日のキャンプ場

前日のキャンプ場は電源がなかったので充電ができなかった。

ここは二つも電源があるので嬉しい限りだ。

 

充電ができるので一安心

タケヤン宅はコールマン。

明日は首都のウイントフックへ戻ることになる。

まずはバイクの修理が最優先だな。

 

次回ブログ更新をお楽しみに♪

 

【前編】ナミビア ナミブ砂漠へGO!

出発の朝を迎えた

YOLELI GUESTHOUSEをチェックアウトする。

ここは最高にお勧めできる宿。

朝食付きで設備も素晴らしいんだけど、

何よりもオーナーのホスピタリティーが素晴らしい!!

ドアの隙間から投げ込まれる手書きの紙。

「宿泊してくれてありがとう、旅を楽しんでください」

涙が出てくる…。

心温まりました!

チェックアウトの朝、皆から見えない所で手招きするオーナー。

「はて?」何だろうと近寄っていくと、

恥ずかしそうに握りしめた右手には現地紙幣が握られていた。

「このお金でお昼を2人で食べなさい」だって。

見ず知らずの2人を応援してくれてるんだ!!

目頭が熱くなってくる…。

一生忘れられない思い出ができました!

ありがとう!!

 

勇気をもらって出発

宿近くの教会

ウイントフークの街並みはとても素敵だ。

オーナーのお陰もあって全てがキラキラ見えてくる。

人って凄い力を持っているんだね!

俺も体感したことで、他の人にもできる。

レベルアップw

 

本日のルート

アスファルトを通ってダートに入ることになるのだけれど、

ナビに任せていたら、主要な道路を選ばずに最短ルートを選んだようだ。

通りですれ違う車が極端に少なかったんだな。

逆に追い抜かれる車が無いと言うことは、

土埃を被らなくて済むということで結果オーライw

ダートが始まった

最短ルートのダートを突き進む。

ダートが果てしなく続く

画像でも分かるように、締まっているので走りやすい。

ダートが果てしなく続く

まぁ、時折深い砂利ゾーンもあるけど無問題。

 

火星到着!?

火星を連想させる荒野

果てしなく続く砂利ダートを進んでくると、小高い丘のようなものが現れた。

カーブが多いので、そこだけはレンガ状に道が舗装されていた。

上場まで登り切ると、まるで異星へやってきた印象を持った。

火星ってこんな感じ?

写真だと伝わらないんだけど、火星を勝手に連想してしまう。

それにしても吹きっさらしで風が強い。

この広場の下にはキャンプ場が運営されているけどテント厳しいな。

 

本日のキャンプ場到着

レセプション前

最短ルートを進んできたが、主要道路にでる数キロ手前にキャンプ場を見つけた。

名前は「TENTED CAMP GECKO」ってキャンプ場。

オーナーはドイツ人だったかな…。

Wi-Fiは30分単位で有料、薪も有料、コンセント無し、電灯無し。

料金は日本円換算で1050円程度だったかな。

本当に何もなくて、自然の中でキャンプしなさいという感じ。

そんなら、野営でよかったと少し後悔した。

実はここら辺は、動物もいないし隠れる場所はいくらでもある。

水だけ確保してれば大丈夫。

 

本日のキャンプ場へ到着

文句ばかり並べてても仕方が無いので設営の準備を始めるが、

見計らったかのように風が吹き始めた。

風が強いので待ち状態

少しすれば風も止むだろうとしばし待っていたが、

更に強くなってきたので設営場所を決めることにした。

いい場所めっけ

なんか良さそげな囲いを見つけた。

俺のテントは背が高いので風にはめっぽう弱い。

モロに風を受けてしまうわけ。

風除けの中に設営

はい、設営完了w

フライも不要なので楽チンだな。

 

小屋から愛車を望む

でもね、エアーマットに穴が空いてるのが不快。

夜中に何度か空気を入れないと寝心地悪いから。

直すタイミングがなくてそのまま放置してる。

 

夜が忍び寄る

暫くすると、夜がやってきた。

鏡に向けてパチリ

この後は、日が暮れて電灯も無いから真っ暗闇。

早々に就寝についた。

いよいよ明日はナミブ砂漠だな。

特にワクワクはしてないけど思い出残すかなw

はい、おやすみなさーい。

 

次回ブログ更新をお楽しみに♪