メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Category: ドイツ

【ドイツ】紅葉真っ盛りのキーム湖が素晴らしすぎる

11月6日、ドイツのミュンヘンには3日間滞在した。本当は直接イタリアに入国する予定だったんだけど、天候不順ということで調整滞在したミュンヘン。黒人が増えてきた印象。

でもね、来てよかったw

前回、記事で触れたドイツ人家族との出会いが印象を良くしているかもね。

彼がオススメしてくれたキーム湖と絶景のワインディングを楽しめるハリゲンブルートを経由する有料道路をナビルートに組み込んだ。

スロベニア向けて出発

次の滞在先はスロベニアのイェセニツェという南部の街。ここに決めた理由はまたもや天候調整w

ガソリン驚愕の232円!

さて、出発してみるとガソリンゲージが空に近い。テネレも腹ごしらえしないと、国境を越えられないとガソリンスタンドへ向かう。

まぁ高くても1リッター180円程度とタカを括っていた。

が、レシートをよーくみてみると、12.5リッターのガソリンが22.5€となっている。日本円換算で2900円。最初計算間違いかと思ったけど、何度計算してもリッター232円。狐につままれた気分。

スロベニアは物価が安い!

実際、入国してみるとドイツよりも物価が安かった。不思議な感覚に襲われのが、ガソリンの値段が違うこと。まぁ当たり前なんだけどね。オーストリア→スロベニアと、どんどん安くなっていった。同じユーロを使っているのに。地続きで国をまたいだ感覚が薄いのが原因かな。

キーム湖へ到着

天気が良くてポカポカ陽気。

トイレに行ってみると、個室トイレは有料。

隣の男性トイレは無料で利用できた。

貧乏性なので「小さい方」でお金払いたくない。

晴れたが気持ちいい!

ここからもボートで島に向かうことができる。

ヘレンキームゼ城

キーム湖には真ん中に小島があって、お城ががある。

豪華絢爛な城の中を内覧できるから是非立ち寄ってと勧められたが、バイクの荷物が気になって行く気にならない。

荷物を持ち運ぶのは苦行だしねw

ヨーロッパって芝生がとっても活き活きしてる。

寝転びたくなる芝生ばかり。

城が見えないので、移動することにした。

花がとても綺麗な色をしていたので撮影w

一階はレストランになってた。

次にすすむ。

しばらく進むと湖畔に近い広場に出てきた。

黄色が眩しい!

光が差し込んで、葉の裏側が見事!

自然に喜びを感じる年齢になりましたw

黄色と緑が混じってる。

なんか弁当広げて食べたら最高なんだろうな。

1人でパチパチ撮りまくりw

※記事冒頭で流れてる動画はここで撮影

絶景ワインディング道路へ向かう

オススメされた本日メインの絶景道路へ向けて出発。

70km制限道路。

冬季期間中の閉鎖

なんか道路を走っていると、赤ランプが点灯してゲートが半分閉じていた。

木材加工している親子にこの先へ行きたいけど、バイクではダメですかと聞いてみると。5日前に閉鎖されたそう。来年の5月までは通れないという悲しい状況。

行ける所まで行ってみようと、ゲートを通過して奥に進む。するとオランダ人チャリダーが坂を登っている。話しかけると凄い陽気w

あっ、写真撮影わすれた。

奥まで進むも、ゲートが固く閉じられて中に入ることはできない。年ために事務所に人がいたので確認すると、残念だが通れないよ。その代わりにステッカーをあげようと5枚くれた。1枚でいいのにw。

雪山が寒々しい・・・。

寒いの嫌い。

冬は苦手。

ドローンを飛ばしてみたけど、強風で100mが高さの限界だった。

また来年おいでと手を振られたけど無理。

流石に来れないな。残念。

さて、本日のお宿に向かうことにした。

が、ここが1番大変だった。

マップスミーがとんでもない所へ案内してしまい迷走した。更に雨が降り出して全身が寒さに凍えた。日中の汗ばむ陽気が嘘みたい。

結局、22時近くなって宿に到着。

はい、お疲れ様でした。

いつの間にかドイツだったw

秋深まるチェコの南部にあるリプノ貯水池。周辺は紅葉真っ盛り!黄色に色づいた木々、端部分が赤く染まっていて黄色から赤へ変化するグラデーションがとても綺麗。

その湖畔にある「Axiom」というペンションへ2日間お世話になった。生憎、連日霧雨ということでペンションへ入り浸りになってしまった。

さて、本日はドイツのミュンヘンに向かう予定。既にお決まりのブッキングドットコムでゲストハウスを予約している。ミュンヘンの中心部に位置しているので観光にはなかなか良さそうだ。

ここは何処?私は誰?

ナビに任せてバイクを走らせているのだが、事前ルート確認ではオーストリアを経由してミュンヘン入りする記憶だったけど、国境らしきものが見当たらない。停車して地図を拡大しないと現在何処の国にいるのか不明。

童話に出てきそうな田舎町

色とりどりの家が立ち並ぶ、ケルベルグという小さな田舎町に辿り着いた。時間もあるのでバイクの機動力を活かしてウロウロしてみた。

家に絡みついた植物も寒暖の差を受けて綺麗に紅葉していた。

撮影してると後ろから声を掛けられた。バイクに興味津々w

英語はあまり得意ではない様子。日本から来たと伝えると興奮したみたい。家に寄って珈琲でも飲んでいかないかとお誘い頂いたので、ついて行くことにした。

彼の名前は”フランツ”さん。建築関係の技術者の仕事をしている。自宅はモダンでとても洗練されている。

自宅にはガーレジがあって日本人としては羨ましい。こんなガレージあったら、ソファーとか色々と持ち込んで楽しい空間にするかなw。床はチェッカーフラッグ柄(市松模様)。もちろんバイクガレージだけど。

こんな家に住みたいなw

中庭も広い。

自宅で収穫された林檎をつかったジュースを勧められて飲んでみると、既製品では味わえない自然の香り。うまー♪

庭からパチリ。ご主人曰く周辺から比べると家は一回り小さいと謙遜していた。なにをおっしゃる。

部屋に戻ると、娘さんと彼氏が料理中。ちょうど出来上がるタイミングだから一緒に食べましょうと、おもてなしされてしまった。断る理由もないので甘えることにした。

彼氏が作った料理。味に関しては自身がないけど、遠慮しないで食べてだって。優しいな。

豚肉に掛けてあるソースが独特。ニンニクと玉ねぎをソテーして、庭先で収穫したブドウを刻んだものが入っている。アクセントに生のグリーンペッパーが異国の香りを強く出してる。

長いするのも悪いので、記念撮影をしてその場を後にした。お礼用のウイスキー渡すの忘れた。こんな時の為に買っておいたのに・・・。

ミュンヘンへ向けて再出発

この時期にアブラナ科の花が満開に咲いてる。

パッサウという川沿いの街にでた。独特な雰囲気なので立ち寄ることにした。

川面をドローンで空撮したいんだけど、コントローラーとして利用しているiPhone5sの調子が悪く、アプリが飛行中に何度も落ちてヒヤヒヤしたので却下。再インストールで直るかな。

ライトアップが綺麗だったので撮影したけど、場所が何処なのかわからないw。

明日は貴重な晴れ間が見れそうなので、周辺を観光する予定。