メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Category: チェコ共和国

いつの間にかドイツだったw

秋深まるチェコの南部にあるリプノ貯水池。周辺は紅葉真っ盛り!黄色に色づいた木々、端部分が赤く染まっていて黄色から赤へ変化するグラデーションがとても綺麗。

その湖畔にある「Axiom」というペンションへ2日間お世話になった。生憎、連日霧雨ということでペンションへ入り浸りになってしまった。

さて、本日はドイツのミュンヘンに向かう予定。既にお決まりのブッキングドットコムでゲストハウスを予約している。ミュンヘンの中心部に位置しているので観光にはなかなか良さそうだ。

ここは何処?私は誰?

ナビに任せてバイクを走らせているのだが、事前ルート確認ではオーストリアを経由してミュンヘン入りする記憶だったけど、国境らしきものが見当たらない。停車して地図を拡大しないと現在何処の国にいるのか不明。

童話に出てきそうな田舎町

色とりどりの家が立ち並ぶ、ケルベルグという小さな田舎町に辿り着いた。時間もあるのでバイクの機動力を活かしてウロウロしてみた。

家に絡みついた植物も寒暖の差を受けて綺麗に紅葉していた。

撮影してると後ろから声を掛けられた。バイクに興味津々w

英語はあまり得意ではない様子。日本から来たと伝えると興奮したみたい。家に寄って珈琲でも飲んでいかないかとお誘い頂いたので、ついて行くことにした。

彼の名前は”フランツ”さん。建築関係の技術者の仕事をしている。自宅はモダンでとても洗練されている。

自宅にはガーレジがあって日本人としては羨ましい。こんなガレージあったら、ソファーとか色々と持ち込んで楽しい空間にするかなw。床はチェッカーフラッグ柄(市松模様)。もちろんバイクガレージだけど。

こんな家に住みたいなw

中庭も広い。

自宅で収穫された林檎をつかったジュースを勧められて飲んでみると、既製品では味わえない自然の香り。うまー♪

庭からパチリ。ご主人曰く周辺から比べると家は一回り小さいと謙遜していた。なにをおっしゃる。

部屋に戻ると、娘さんと彼氏が料理中。ちょうど出来上がるタイミングだから一緒に食べましょうと、おもてなしされてしまった。断る理由もないので甘えることにした。

彼氏が作った料理。味に関しては自身がないけど、遠慮しないで食べてだって。優しいな。

豚肉に掛けてあるソースが独特。ニンニクと玉ねぎをソテーして、庭先で収穫したブドウを刻んだものが入っている。アクセントに生のグリーンペッパーが異国の香りを強く出してる。

長いするのも悪いので、記念撮影をしてその場を後にした。お礼用のウイスキー渡すの忘れた。こんな時の為に買っておいたのに・・・。

ミュンヘンへ向けて再出発

この時期にアブラナ科の花が満開に咲いてる。

パッサウという川沿いの街にでた。独特な雰囲気なので立ち寄ることにした。

川面をドローンで空撮したいんだけど、コントローラーとして利用しているiPhone5sの調子が悪く、アプリが飛行中に何度も落ちてヒヤヒヤしたので却下。再インストールで直るかな。

ライトアップが綺麗だったので撮影したけど、場所が何処なのかわからないw。

明日は貴重な晴れ間が見れそうなので、周辺を観光する予定。

ありゃりゃ、セキュリティーロック破損

Hostel Boudnikプラハ滞在では定宿としてりようしていた。コレは中庭を撮影。一泊1000円前後なのでプラハ中心部にしては格安。ただし週末の金曜〜土曜にかけて一気に値段が跳ね上がる。

さて、出発!エンジンをスタート。軽くクラッチをつないで前進するとバキッと嫌な音がした。

ロック施錠解除を忘れていたのだ!てか超簡単に切れたな。バイク側に破損がなかったのは幸いだが、セキュリティーロックとしてはかなり疑問が残った。簡単に壊れたからね。

バイクショップへ向かう

セキュリティーロックは必要なのでプラハで調達することにした。

バイクショップに入ると1人の店員がじーっと見つめてくる。軽く会釈をして店内を物色していると再度視界に入ってきた。こっちへグイグイくる。

「私はあなたと同じアライヘルメットを持ってます」唐突だった。

はて?なんか聞き間違えたかなと確認するも同じ。

矢継ぎ早に「いつアフリカへ渡るのですか?」と質問が飛んできた。あれっ?なんか俺のこと知っているみたい。フェイスブックもインスタもやっていないということは、多分プラハで出会ったテネレ乗りが掲示板か何かに情報をアップしてくれていたのかもしれないな。こういうのって嬉しいもんですねw

無料でヘルメットパーツをくれた!

彼の名前は”Marek Valska“さん、愛嬌いっぱいで接客してくる。

何か困っていないかと聞かれたので、ヘルメットのパーツ(ネジ)が吹き飛んだと言ったら、自分の予備があるからあげるだって。

探しにいったけど見つからなかったらしく新品を開いて抜け落ちた部分に追加してくれた!

支払うよといったら、「気持ちだからいらないよ!」だって。値段ではなく気持ちがとても嬉しい!元気をもらえるって、こういうことなんだろな。俺も日本へ帰国したら見習おう!

安心のABUSを購入

簡単にぶっ壊れたのは日本アマゾンで2000円程度の品。黄色で太く見えて頑丈そうな作りが決めて。内部はワイヤー構造だったので意外と切断には弱いかな。

日本円で6000円程度。

コレ無くして路上駐車はできないな。

JAWAというバイクをパチリ。

チェコ共和国を南下する

さて、本日の目的地は200kmほど南下したリプノ貯水池近くのペンション。夏もおわりシーズンオフも重なり個室シングルが2050円とリーズナブルに利用できた。しかも朝食が付いてくる。

ゲストハウスではないので、調理場がないかもしれないことを考慮してパンと即席麺を購入した。最悪ポットで食事ができるからね。

TESCOは広いな。タイにもたくさんあったな。

パックの白ワインも購入した。1Lパック190円なり。超安いんですけどw。

はい、糖質三昧!(デブの素)

コークZEROは欠かせない。

夜間到着した際には通り過ぎてしまった。田舎での宿泊する際には夕方4時にはチェックインした方が良いと思った。アフリカなど特に意識したほうがいいな。

雨に濡れるテネレ。

テラス席も晴天であれば気持ち良さそう。

中庭は結構広い!

遊具も充実していて子連れには嬉しい設備だな。

レストラン部分

朝食

チーズとハムが色々選べて大満足!

場所

1万人の骸骨で装飾されたセドレツ納骨堂

↑チャンネル登録をお願いします↑

チェコ共和国のプラハを後にして、隣国ポーランドへ向かうことにした。

出発前日にメッセージが飛んできた「骸骨納骨堂へはいかないの?」。

あれっ、存在をすっかり忘れていたぞ!?

てな訳で、急遽ルートに組み込んだ。

所在地


セドレツ納骨堂って?

何故、4万人もの人骨が集まっているかというと、この納骨堂の歴史に由来する。

1278年、ある修道士が、外交使節としてエルサレムへ行った際に帰りにゴルゴダの丘の土を一掴み持って帰って、この地に撒いたことで、聖なる地と認知されて埋葬希望者が殺到。

その後、14世紀にペストの流行で多くの死者がでたことで、約3万人が埋葬されることになる。

その後、芸術家ミュシャのスラヴ叙事詩にも描かれているフス戦争でも多くの死者が出て同様に埋葬された。

それから時を経て1870年を迎え

シュヴァルツェンベルク家からの依頼により、チェコの木彫家 フランチーシェック・リントによって制作された。

納骨堂の壁には彼のサインも骨で作られてるよ。


セドレツ納骨堂へ到着

プラハから60km程度の距離なので、到着はあっといいう間。到着からスタートw。

入口付近に駐車スペースを見つけた。逆走したわけじゃないよ。

ご覧の通り、納骨堂の周囲はお墓になっている。

周囲に囲いがされていて、今なお発掘作業が続いている。

支払いを済ませて入場した

プラハ観光に比べても良心的な価格設定!

大人 90コルナをカード決済で入場した。

このくらいだと気軽に入れるんだけどな。

※日本円換算 約450円 2018年10月現在

入場して正面には骸骨シャンデリアが出迎えてくれる。

シャンデリアは人骨全てのパーツをくまなく使って制作されている。

これだけの人骨があるにもかかわらず、不思議と恐怖とか陰鬱な空気は一切感じない。

骸骨で作られた聖杯。

納骨堂の装飾を依頼したシュヴァルツェンベルク家の紋章。ガイドの説明を盗み聞きw。

奥にはイエス・キリスト磔刑がある。

別角度からパチリ。

はて、頭をかち割られたのかな?

これだけ人骨が寄せ集まってると、隣り合う骨同士が同じ人間ってまずないね。何か深いことを考えるのだろうかと思ったけど、健やかな気分で納骨堂を後にできた。沢山の観光客がくることで供養にもなっているんかな。

納骨堂を後にして、ポーランドのクラクフへ向かった。

プラハからクラコフまでは道が狭く、集落を抜けたりするので渋滞があったりと、なかなか距離が稼げずに夜8時を回って到着。

はい、お疲れ様でしたw

チェコ滞在を振り返ってみて

チェコ入国前の印象

ヨーロッパ諸国では物価が安い。歴史的建造物が沢山ある。こんなくらいw。

滞在を経て印章の変化

 

物価は安くない。どこの観光地の入場料も1500〜2000円程。

チェコ語だけでは生活できないようでフランス語・ドイツ語・ロシア語等を喋れる人が多い。

ドローン撮影禁止

ドローン画像

ドローン画像

シャレにならない罰金なので注意して飛行させよう!
禁止エリア飛行罰金  5,000,000コルナ(2500万円)
撮影許可取得       26,000コルナ(  12万円)

以下、抜粋
必要な許可証の発行には約26000コルナがかかります(約1000ドル、約960ユーロ)。
チェコ領内での非合法なドローン利用に課せられる罰金は、5 000 000 コルナ (約 200 000 ドル、約 185 000 ユーロ)にまでいたる場合もありえます。更に、非合法事業他の罪状によって刑罰が科される恐れもあります。

地下鉄乗車について

地下鉄乗車

地下鉄乗車

区間ではなく、時間制限がかかった切符を購入する。
最短15分からあった記憶がある。

罰金に注意しよう!

打刻しないと罰金対象になるので注意!
無賃乗車の場合には罰金
罰金 800コルナ(4000円)

特にアジア人中心にチェックが多い情報あり

観光地の入場料

平均的に250〜350コルナ(1250円〜1750円)

トイレ(有料)

特にプラハは有料トイレを見かけることが多い。

1€

ガソリン

180円/1L

 

参考サイト

hikersbay

モンゴルで出会ったテネレ乗りとチェコで再会!

モンゴルのリラックスハウスへ滞在していた際に、タイヤ交換しにきたテネレ乗り。

彼の名前はJan Mesiarkinさん。チェコ共和国の出身。現在、プラハ近郊のベアリング会社で働いている。

関連記事

>>ゴビ砂漠2000km走っただけでタイヤがヤバイことになってる!

世界のライダーと繋がる喜び

彼はフェイスブックを通じて「いいね」を良く付けてくれていた。先日、チェコ入りしたと投稿をしたら、messengerで連絡が来て、待ち合わせすることにした。

ドーモ君が彼のお気に入りみたいw。モンゴルで見たときに親近感を覚えた。

3ヶ月ぶりの再会

彼もテネレも元気そうだった。モンゴルで出会ったときにはゴビ砂漠をカッ飛んで来たらしくタイヤがあり得ないほど崩れて、さらに汚れていた。

見たところモンゴルだから汚れていたのではなく、汚れてても気にしてないが正しかった。

左右に固定されている前後タイヤは転倒した際にダメージを最小限にできるので街中でも付けっ放しなんだそうだ。

懐かしい傷。横棒線は転倒した数をカウントしているみたい。反対側は更に転倒を繰り返したのだろう、ガムテープで補強されていたw

購入して2年目で走行は18000km。それにしてはボロボロに見えて仕方がない。リアサスは底打ちするほどにフルで使っている様子。

そうそう、忘れてた!

味戸さんと2人でトップケースに書いたんだった!

「良い旅を続けてね」だって下手だなw。

メタボンステッカーも貼って来てくれた。

スペアパーツを手渡された!

なんと!彼はチェーンと前後スプロケットを持参してくれて気持ちだといって渡してくれた!コレをつかって旅を続けてねだって、泣けてくる。

俺と出会ってくれてありがとう!!