メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: セネガル (page 2 of 2)

マラリア対策 DEET成分入り虫除けスプレー

マラリア対策に防虫スプレーを購入した。

特にDEET成分が15%以上含まれてると効果が高い。

その分、他の商品に比べても倍以上の価格差がある。

ギニア突入前に購入できてよかった。

▶︎左側

街の商店で買った殺虫剤 200円程

 

▶︎中央

防虫スプレー(DEET含有)1400円程

 

▶︎右側

防虫スプレー(DEET無し)520円程

ダカールの都市でも探せなかったので、

購入場所を載せておきます。

【セネガル カオラク安宿情報】DJOLLOFF INN

ダカールを西に200km程進んだ田舎町「カオラク」に到着した。

ホテル、ゲストハウスを数件回ってコスパが1番高いホテルを選んだ。

2人でチームを組むと役割分担ができて効率が良く、滞在費用も割り勘できて良いことづくめ♪

ブッキングコムでは予約できないので、宿泊する際には地図情報を参考にしてください。

DJOLLOFF INN

外観

入口看板

宿泊費用

ダブルベットだがツインルームとしても利用可能。

一部屋 17,000CFA(日本円換算 3,200円程)

キングサイズベットが備え付けられている。

ツイン利用の際にはマットレスを用意してくれる。

蚊帳もついてるし、コーヒーメーカー等が備え付けられている。テレビがあるけど、現地語なので必要ないかもw

バス・トイレ周り

ホットシャワーも出て水圧も十分だ。

エアコンが付いているので非常に快適。

散らかっているけどごめんね。

タオルと石鹸もついてくるので嬉しいね。

冷蔵庫もついてる!!

生ぬるい水を飲まなくて最高!!

駐車場

エントランス前に注射スペースがある。

街の中心部ではないので安心して駐車出来る。

Wi-Fi速度

YouTubeの動画再生は問題ないが、動画アップは厳しいところ。

場所

【ダカール安宿情報】シェ山田

ダカールで日本人宿で和心に次いで有名なのが今回紹介する「シェ山田」。日本語が通じるってやっぱり安心だよね。

公式サイト→シェ山田

外観

前の通りは砂地なのでバイクの方はご注意くださいね。

入口前にバイクの注射ができる。子供がサッカーしているのでたまにボールがあたることがあるw

入口には「シェ山田」の文字が書かれている。

宿泊費

ドミトリー 10,000CFA(約1,910円)

個室 15,000CFA(約3,000円)

宿泊特典

洗濯はお手伝いさんが全てやってくれるので楽チン♪

シェ山田HP

ドミトリールーム

蚊帳が付いているのがとても新鮮!

共有スペース

下にある箱に洗濯物を入れるとお手伝いさんが洗ってくれて、手前の机に畳んでくれる。

シャワー室

必要にして十分かな、お湯もしっかりでる。

共有キッチンスペース。

自炊することも可能だ。

中庭には洗濯干しスペースがある。

Wi-Fi速度

YouTubeは問題なく視聴ができるが、動画アップロードは厳しい環境。

所在地

ダカールでバイク屋発見!

シェ山田に滞在しているのだが、ある日海岸沿いのレストランへ向かう途中で比較的大きなバイク屋をみつけた。タイヤの在庫も十分。中排気量から大型まで取り揃っていたぞ。

タイヤを探すならココ

店の名前を聞き忘れてしまったので、下記に示す地図と外観画像で探して欲しい。ガラス越しに大型バイクが見えるのでわかりやすい。

店舗外観

細い通り沿いにあるので、地図を参考にしてね。店舗前にも修理待ちのBMWが複数台停車していた。

店内画像

お店に入店してみる。

タイヤからヘルメットに至るまで入手することができる。聞いていないが、エンジンオイルも問題なく入手できることだろう。

在庫のタイヤが山積み。

裏側にも新品と中古が山済みだ。

これらヘルメットも商品なので購入が可能だ。

店頭ではKTMアドベンチャーが修理されていた。

手前はアフリカツイン。奥はタイガー800。

これら全て販売されている。

新型アフリカツインもやはり人気がある。

GS1200やF800もあるぞ!

おっ、883もある。砂地は厳しそうだけどな。

場所

ディアマ国境から無事入国!

さて、翌日の朝を迎えて日出と共にスタートを切った。ディアマ国境まで約35kmの道のりとなる。

しばらくオフロードを進んでいくと、水田地帯へ出た。地元民が投網を投げて生計を立てている。

水揚げされた淡水魚は開きにされて干物にされている。

素朴な生活が垣間見得てなにか得した気分。

ディアマ国境へ到着

少し手前にナショナルパークの通行料を支払うことになる。2000ウギア(新札200ウギア)。

流れ(モーリタニア側)

1. 通行料 50ウギアを支払う

2. ゲートをあげてもらい中へ進む

3. カスタムへ立ち寄り手続き10€支払う

4. 出国スタンプをもらう(賄賂10€)

5. 橋を渡る8€支払う

流れ(セネガル側)

上記画像はセネガル側からモーリタニア側を望む

1. 右側にあるパスポートコントロールへ

パスポートと国際免許を提示する。

次に指紋の登録を行う。

左側カスタムがある建物

2. 左側にあるカスタムにて手続き(2500CFA支払い 3€でも構わない)

3. コントロール裏側にある食堂へ向かう

食堂のおばさんがブラウンカードを販売してくれる。

費用:53€(3ヶ月有効)

このおばちゃんは英語も堪能なので安心。

国境ではSIMカードや闇両替がウロウロしているので、最低限必要なものだけを買うようにしよう。

セネガルのSIMカードについて

TIGOという通信会社のものを購入したがセネガル中心部でも繋がらないことがあるので問題外。結局、オレンジ(orange)へ買い換えることにした。

出国ゲートへ進み入国完了!

全ての手続を終えたらセネガル入国完了である。本日の目的地となるダカールへ向かうことにした。

モーリタニア側の悪徳警官について

出国スタンプをもらうために事務所へ向かうのだが、予想に反して超フレンドリー。終始ニコニコしているぞ。しかめっ面で圧力かけられると思い込んでたから予想外だった。

警察に促されるまま、事務所内に入ってみると先客のフランス人が1人10€を支払っている最中だった。これ見ちゃったら払わざるを得ない状況になる。

自分の番が回ってきた。すでに目の前でパスポートにスタンプを押してくれている。彼が顔を上げると、ここでは1人10€支払うことになっていると言ってきた。間髪入れずに、私はそうは思わないと英語で切り返した。すると先方も苦笑い。

だって俺現金持ってないしと、ポッケから残りの50ウギア札一枚を出した。すると、それでいいよだってwww

えっ、50ウギアって日本円にして150円だよ!?

もう使わない紙幣だし別に上げる♪

こんな感じで無事に通過することができた。

人生初のバオバブの木!

このアンバランスがとても可愛い!!

サン・ルイ付近で記念にパチリ✨

Newer posts »