メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: セネガル (page 1 of 2)

セネガル→ギニア国境越えまとめ

事前の情報収集段階からギニアでは警察の賄賂が横行していると情報を得ていた。更に詳しく調べてみると、入国に関しては非常に親切丁寧で賄賂要求がないと書き込みがあった。

賄賂エリア

コナクリとコートジボワールの国境での賄賂請求が数多くネット情報で上がっている。

今回はセネガルのタンバクンダから南下してギニア入りすることになったので賄賂要求はないと判断していたが、結果も同様に一切の賄賂要求はなかった。

セネガル国境にあるカスタム前

セネガル側(出国手続き)

道がロープで遮られているので、右側にあるカスタムへ向かう。セネガル側のカスタムで作成された書類を手渡すだけで通過可能。

その先、数百メートルほどで左側に警察が出てくるので出国スタンプをもらう。周囲が場所を指差してくれるのですぐにわかる。

— 緩衝地帯通過 40km程 —

イメージ図

ギニア側(入国手続き)

到着すると道がロープで遮られているので、青色の制服をきたスタッフにカスタム管理棟へ入るように促される。そこでは、国際免許とパスポートのカラーコピーを取られるだけ。更に進むことになる。

又、ロープが張られているので、右側にある警察事務所へ入り、パスポートを渡し簡単なヒアリングがある。どこへ向かうのか?何日滞在するのか?などである。

セネガルの田舎町タンバクンダへGO!

タケヤン&メタボンペア2日目を迎えた。

本日は297kmと前日よりも少し長い程度で余裕♪

本日のルート

ギニア入国の時間調整で2日ほど滞在することに。

到着してみると田舎町だった。

日程調整もあってこの街には2日間ほど滞在した。

本日のお宿情報

http://ur0.work/w5Eq

翌日、マラリア対策用の虫除けスプレーを探しまわっることにした。

フラフラ歩いていると土産物が沢山売っている商店街らしき場所に出た。

一眼レフを持ち歩くと、警察やら市民から撮影禁止と注意されるので持ち歩くのが億劫になった。

写真は全てiphone7 plusで撮影している。

淡水魚が露天に並んでいる。

ナマズとか生きているので新鮮だね。

川の水質が不安だけどw

マラリア対策スプレーGET!!

下記内部リンク記事

http://urx.red/UtgR

いんじゃないこのエンジンオイル♪

下記内部リンク記事

http://urx.red/SkvA

シェ山田からギニアへ向けて出発!

シェ山田前からギニアへ向けて出発!!

無事に選挙も終わったので出発することにした。

今日の目的地はカオラック。

本日のルート

 

↓シェ山田情報↓

http://ur2.link/wUAs

道中、大型トラックとバスが正面衝突してた。

こんな時に限ってGoProフリーズw

道中で昼休憩を挟む。

ガソリンスタンドにはファストフードが併設されているが、もぬけの殻。

結局、2人して菓子パンを買ってかじることに。

バイクたちも日陰で一休みしている。

本日のお宿到着。

値段交渉に当たるが、最初から強気で値切る隙がない。ほかのホテルやゲストハウスを巡ってみたが、ここが1番快適な設備が整っていたこともあり決定。詳細情報は下記リンクを貼り付けました。

まさかキングサイズでタケヤンと2人で寝るわけないでしょw

じゃん拳で勝った俺がベット♪

負けたタケヤンは床に敷いたマットレスで就寝。

わりぃね♪

宿探しが大変になった…

ダカールから離れるとブッキングコムでの

宿の登録がグッと減ってくるので宿探しが大変。

直接行って宿を探す必要が出てきた。

本日のお宿情報

http://ur2.link/weAv

アフリカでYAMALUBEを発見!セネガル タンバクンダ

アフリカでヤマハルーブが買えることをブログで知っていたが、セネガルの都市を探し回っても見つけられなかった。タンバクンダの田舎町で見つけることができたぞ!!

肝心の値段を聞いたのだが、覚えてない。

計算してリッター500円程度だったので安い♪

しかも信頼の日本製造って書いてある。

粘度

20W-40Wといった具合。

雑貨店で販売されている

散策してたら、店先に“YAMALUBE”の看板を見つけた。バイク屋でもない雑貨店で販売されていた。

位置情報

【セネガル タンバクンダ安宿情報】Auberge le bloc GADEC, Tambacounda

ダカールから西へ向かうこと300km。

マリの国境とギニア国境へ向かうハブ的な交差点があるタンバクンダという比較的大きい街に到着した。

タンバクンダにある安宿

正面入口

正面のゲートを開けることで、バイクを駐車することができる。

1階にはドミトリー部屋とツインルームがある。

2階も同様にドミとツインが用意されている。

今回は2階を利用した。

宿泊費用

ドミトリー 1名/1泊 5,000CFA(日本円換算

980円程)

ツインルーム 一部屋/1泊 17,000CFA(日本円換算 3,260円)

※2019年2月26日現在

駐車場

ドミトリールーム

ベットが4台並んでいるので4人部屋

屋上にはテラスがある。

Wi-Fi速度

YouTubeがギリギリ視聴できるかどうか。

時々接続が切れる状況が続く。

場所

« Older posts