メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: HAPPY RIDER MOTORCYCLE

【XT660Z】フルメンテ総額費用公開

メンテ後の3つの変化

1. エンジンの熱が減った!

中古で購入した当時からエンジンからの放熱が半端なかった。余りに熱いのでニーグリップができないほどだった。ラジエターメンテ後は一切熱くならなくなった。

2. トルクがアップした!

前後のベアリングを交換したこともあり抵抗が少なくなったのだろう。エンジンのトルクを削らずに加速することができるようになった。以前は150kmへ加速するには時間が掛かったが、以前に比べて到達時間は短くなった。

3. 燃費が良くなった!

以前は最高でも1リッター辺り28km程度だったが、現在は状況を揃えると30.5km迄伸びるようになった。満タンで23L入るので、単純に57.5kmより遠くへ行けるようになる計算だ。

メンテナンス記録

ホセさんは全車両のメンテナンス記録として全整備項目に関して作業前と作業後の変化を画像に収めている。作業終了後にはお客様へ報告する意味でも画像を共有してくれる。

ご自身の性格も手伝ってか、納得するまでメンテナンスをして強い責任感をつ姿勢が周囲からの信頼を得ているのだと思う。

ラジエター修理

修理前の取り外した状態。

ジェノバで修理したクーラント液漏れだったが、応急処置的なものだった。実は小さな穴が空いており、塞ぐ必要が出てきた。

穴を塞ぎ、加圧して漏れがないか確認。その後、塗装をして仕上がっている。

ウォーターポンプ修理

問題のウォーターポンプ。クーラント液に添加された細かい粒子がシールを痛めてクーラント液とエンジンオイルが混ざり合う結果になった。カフェオレ状態前に気がついて良かった。

クラッチ交換

クラッチは外してみないと状態がわからない。走行8万キロを迎えるので問答無用で交換する事にした。

スイングアームのグリスアップ

XT660Z特有のスイングアームからのギシギシ音。なかのベアリングのグリス切れで音が発生するのでグリスアップしてもらう。

走行8000kmを迎えて、新しいダンパーへと交換した。鈍感なのか走りに余り変化を感じないw

前後ブレーキパット交換

トルコでリア側は交換したが、念のために新品へ交換した。トルコで譲り受けたものは予備として持参することにした。

フロント側のパット交換

フロントフォークオイル交換

以前のオーナーはあまりメンテナンスしてないと判断してオイルシールも含めて交換する事にした。走りに変化をあまり感じないw

へーっ、こうなってるんだw

一度も交換していないのでドロドロのオイルが出てきた。気持ち悪い。

フロントフォークのパーツ。走行でかなりすり減ってきている様子。

前後バブのベアリング交換

フロント側のベアリング交換画像。

交換後はトルク感・燃費共に良い変化を感じた!

フルメンテ総額費用

総額 1809€ (日本円換算 228,500円)

所在地

関連記事

全てはクーラント液漏れから始まった

happy rider】愛車の進捗状況

ポルトガルへ行ってみよう!

ホセさんのお陰で、愛車のテネレは準備万端!

ツラーテックのステーが届かない

整備項目を洗い出した10日以上前にオーダーしたにも関わらず、商品の到着が1番遅くなっている。アフリカ縦断するにはガソリンスタンドの無い区間やガス欠の恐れを考えて是が非でも取り付けたい。

ポルトガルへ行くことにした

ボーッとマドリードで待っていてもつまらない。愛車の整備も万全なので試走を兼ねて隣国ポルトガルまで足を延ばすことにした。

マドリードは濃霧に包まれた

近頃、寝坊しがちなメタボンをスマホのアラームが強引に目覚めさせた。周囲も馬鹿騒ぎして朝、4時頃に帰ってきているので、こちらも気を使う。天気を確認しようと外を見てみると濃霧だった。

出番を待っている我が愛車

調子は抜群!動画をまとめたので、後日アップします。気になる請求書額も公開しますねw

ハッピーライダーの前でお見送りをしてくれた。

濃霧だったので動画も写真も撮影してない。

道中のレストランへ立ち寄った。

あまりに寒いのでコーヒーを注文(1.3€)

チト量が少ないけど、温まるぜよw

TOMYのガチャガチャみつけた!

海外進出して頑張っているな。

男の子向けの品だろうかトランスフォーマーてきな品がプリントされてる。昔、コスモスって自販があってよく買ったなw。階段をビョーンビョーンで降りてくるデカイスプリングとかね。

1€で買えるみたい。100円入れたら回ったりしてw

再度、出発してガソリン給油しに入ってきた。

8万キロ達成

おぉーっと!8万キロを指している。実は8万キロの写真が撮影したくて高速をおりてスタンド入ったのだ。動画でアップするけど、トルク感と燃費が両方上がった!

お宿のある街へ入ったところ。

夕暮れ時、プチダートあり。

到着したら素晴らしい夕焼けが撮影できた。

明日もいい天気になればいいね。

Albergue las caballerasへ到着。

天井が高いホステルで圧迫感が無くて最高!

宿情報も後ほど、アップしますね。

本日のルート

【HAPPY RIDER】愛車の進捗状況

我が愛車を工場入りして早くも10日が経過した。

パーツの到着待ちもあったが、当初の整備項目から幾つか増えた部分もでてきた。それだけバイクにはストレスを与えていたんだろう。

ラジエターの修理が必要になった

イタリアのジェノバでクーラント液漏れを起こして急遽YAMAHAディーラーへ駆け込んで修理を依頼したのだが、その時の修理がホセさん曰く応急処置的なものだったようだ。

ラジエターからのクーラント液漏れを、微粒子液体で塞いだようだ。小さい穴に粒子が入り込むことで塞ぐ仕組み。しかしそれが仇となりウオーターポンプの故障に繋がってしまったみたい。

ラジエターを外して業者へ修理依頼している。

中に入り込んでいる粒子を綺麗に清掃して、ラジエターの穴を塞ぐ。その後、圧力をかけて漏れがないことを確認した後に塗装を施して完了。大掛かりな作業となってしまった。

タンクが大きくてカッコいいなw。

ホセさんはホイールやブレーキペダルなど、必要なところは清掃までしてピカピカにしてくれている。

交換済み部品

ハブとステムのベアリング全てを交換することにした。フロントフォークのオイルとシール交換。ダンパーも崩れてたのえ交換。チェーンガードって名前でいいのかわからないが、チェーンが接触する部分のプラスチック樹脂も削れていたので新調することにした。

エアクリーナーも新調済み。装着されていたものは清掃して予備パーツとして持参することにした。

ヘッドライトのフロントグリルが干渉していたみたいで、ライトが削られてしまっていた。気に入ってたので、少し残念だ。

12月21日あたりに完成予定なので、試走兼ねて近場へツーリングしにいくことにしました。

【マドリード】HAPPY RIDER Motorcycle

バイクトラブルにはハッピーライダーを頼ろう

海外ツーリングをしている日本人ライダーから絶大な信頼を得ているハッピーライダー。

オーナーのホセさんは元レーシングエンジンのエンジニアだったこともあり確かな技術がある。更に人当たりの良い性格もあり、口コミで日本まで知られるようになったようだ。

信頼できた瞬間

右側 ホセさん、中央 香代さん(奥様)

愛車のバイクを預け入れした。その翌日、整備項目を洗い出すために整備工場へ行くことになっていた。到着すると笑顔で奥様に出迎えられて、地下の整備工場へ向かう。何気に愛車を眺めていると、曲がっていたブレーキペダルが綺麗に修正されている。しかも磨き上げられたのか、黒光りしていた。何も伝えてないのに、必要と判断したものに関しては非常に細かい目線で修理を行なってくれるのだ。この瞬間に全信頼をした。

スペインでバイクで困ったら間違いなくココ!

スペイン全土でトラブルに見舞われたら、ハッピーライダーへお願いしよう!ロードサービスの手配から、海外輸送まで全て面倒を見てくれる。

1日1€で愛車を預かってもらえる!

ヨーロッパをくまなく周遊するには半年では不十分。回っているうちに冬がやってきてしまうのだ。そんなライダーにとって愛車預かりサービスは有難い。

バイクは機械物なので定期的にエンジンをかけたり、必要であればバッテリー充電が必要となるが、全てお任せできるぞ。当然、バッテリー交換などは実費となるが、定期的なエンジン始動に関しては不要みたいだ。これも有名になりすぎるとキャパ越えで利用制限ができてしまうかも。知る人ぞ知るでいてほしいかもw

週末にはツーリングへお誘いいただけるかも

ホセさんもバイク乗り。バイク乗り目線でスペインのお勧めスポットなどを教えてくれる。

ホセさんとツーショットw

>>ハッピーライダーWeb site

所在地

【スペイン】Happy Riderへ到着

アルボラチェを後にして、マドリードにあるハッピーライダーへ向かう。

毎度、下道ルートを選択してスタートを切るのだが、ここ数日グーグルマップの調子がわるい。

走行ルート

GPSが停止して動かない

ホステルでネット回線がつながっている状態で目的地を設定してからスタートを切っているのだが、途中でGPSが止まって動かない状況になるようになった。終了して再度設定し直せば良いのだが、生憎ネット環境が無い状況。

道路の脇には広大な畑が広がっている。小さなジャガイモに見える石コロと赤土。そこから生えて来ている新芽が青々してなんとも言えない。

こんな畑が結構な距離まで続いていた。昼ごはんはお決まりの即席麺でも食べようとするのだが、以外と入って食事をするスペースを探すのに苦労した。

前日、1.092€だったガソリンも残念ながらジリジリ上がってきた。 本日は1.2€を超えてしまったw

糖質制限にはうってつけのポークスキン。ヨーロッパ圏でも売っているんだね。味付けはダメダメw

ハッピーライダーへ到着

予定時刻を1時間近く回ってしまったが、無事にご自宅兼整備工場へと到着した。

インターホンを鳴らすと娘さんがお出迎えしてくれた。暗かったので奥様と勘違いしそうになったが、年齢が若すぎた。むすめさんと気がつき話してみると、日本語にたどたどしさは一切ない。スペイン語の方が得意なんだそうだ。将来は日本で働きたいと希望を持っている。

しばらくするとご夫婦も笑顔で出迎えに出てきてくれた。

愛車を目視チェック

早速、ホセさんがハンドライトを手に愛車を丁寧に見てくれている。基本的なタイヤやパッドの減り具合やリアサスの具合といった感じだ。翌日、工場に入れてしっかりと確認することになった。

ウオーターポンプ問題発覚

今日愛車を眺めていると、ウオーターポンプ周りにエンジンオイル滲みらしき跡があった。はて?エンジンオイル交換の際に垂らしてしまったかなと考えていた。

コレを思い出してホセさんに聞いてみると、早速チェックしてもらう。

なんとクーラント液とエンジンオイルが混じってしまっていることが発覚。我が愛車の1番大きい問題となった。

故障前に知らせてくる愛車

クーラント液はエンジンを冷却する大切な装置。アフリカ入国前に発覚してくれたことが不幸中の幸いだった。残りのクーラント液もLOWゲージをはるかに下回っていて底に1cmと僅かだった。

予想していた以上に大分費用が膨らんでしまった。

大丈夫か俺の懐事情w