メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: スペイン (page 1 of 4)

ジブラルタルってイギリス領だったのね・・・

マラガのバックパッカーズホステルにお世話になり、今日はモロッコへ渡るフェリーが出港する街、タリファ(Tarifa)へ向かうことにした。

Tarifa

土日はスーパーが休み

出発が日曜日だったこともあり、食材を買うことが難しい。曜日感覚が薄れてきているので、たまにやってしまう。そこでグーグルマップで営業しているスーパーを調べてみると、ジブラルタルにあるスーパーが営業しているではないか!

経由地として指定して出発した。

モロッコが見える!

道中、海に出た際に対岸に大きな半島があるなと思ったのだが、モロッコであると気がついた。

※動画あり

綺麗な風景に出会った。

停車してパチリ✨

寄ってパチリ✨

ん〜我がテネレはカッコいいなw

国境みたいなゲートが出現

※動画あり

スーパーマーケットいくだけなのに、物々しいゲートを通過しなければならない。有料道路があるのかと思った。

通過してみると、警官に静止された。

パスポートを提示する必要があったのだ。

無事、ゲート通過した。

お会計の支払いがポンド?

スーパーの品揃えは微妙な感じだが仕方がない。缶詰スープと即席ピラフ、プリングルス、卵を購入した。

支払いの段で、カード決済ができないことを告げられたので、手持ちのユーロで支払おうとすると、ポンドじゃないのね?という言葉とともにレジボタンを押すとユーロ価格に変換された。

ここはスペインですか?

ここまできて気がついてない自分でも支払いでポンドを選べると知ってスペインかどうかきになったのだ。店主からイギリス領であると告げられた。てっきりスペインにいると思い込んでいたのだ。

停車しちゃダメなのね・・・

今考えると緩衝地帯的な土地を通過する際にバイクを停車させて、呑気に写真撮影したら警察に叱られたw

停車しちゃダメな場所だった。周囲は見晴らしもいいのになんで記念撮影している人がいないのか後になって気がついた。

走行ルート

Ola verde Urban hostel 【評価8.1】booking.com

Málagaのホステルを後にして、モロッコに渡るべくフェリー出港する街、タリファへ到着した。

入口エントランス付近

同じ場所にバイクを駐車できて便利。

宿泊費用

1人/一泊(ドミトリー式)

12€(日本円換算 1,487円程)

※2019年01月14日 現在

共有スペース

2階の共有スペース。

天井も高く大きなガラス張りの空間が気持ちが良い。

共有スペースにあるキッチン周り。

料理道具が少ないのはご愛嬌かなw

近くにはスーパーもあり自炊するには便利。

ドミトリールーム

ベットは二段ベットになっているが、上の人が動いても影響が少ないタイプの作りなので個人的に嬉しい。鉄パイプ式は上の人と相性が悪いと最悪だからね。せめて寝るときぐらいは安眠したい。

朝食付き

一回のカフェスペースで簡単な朝食がつく。

奥行きも広いので、パーティー会場にもなる。

トイレ・バス周り

唯一の不満はトイレかな。

扉を閉じても密閉されることがないので、向かいのシャワー室から隙間から姿が見えてしまうのだ。

さらに、扉したの空間が40センチくらいあるので、個人的にはゆっくり用を足せない印象かな。

場所

La casa Varde 評価8.6 booking.com

サンホセ近くでの極寒野営を後にホステルへ駆け込んだ。ヨーロッパを襲ってきている寒波に真っ向勝負する勇気はない。

ムルシア(MURCIA)

正面入口ゲート

夜間は施錠されるのでバイク駐車も安心。

受付エントランス

スタッフは英語がつかえるので安心。

料金

1人当たり1600円程度。

追加で宿泊をしようとしたら正規料金の14€を請求された。すかさず当日のレートを確認すると13€。こういうこともあるので必ず確認しよう。

共用キッチンスペース

共用スペース

少し暖房に問題ありかな。てか寒いよw

外にはプールが併設されているので、

夏は浸れて気持ちいいかもね。

朝食付き

簡単な食事だか朝食が付いている。あまり期待しないように。

中庭にはBARが併設されていて音楽とお酒を楽しむことができる。雰囲気いいよ。

自転車・バイク駐車スペース

テネレは規格外なので入口近くへ駐車した。

入口ゲートから中庭を望む

駐車スペース

パニアケースの幅が大きいので、

入口近くに駐車した。

Wi-Fi環境

快適とは言えない通信状況。

YouTubeがギリギリ観れる程度。

動画をアップロードしたけど失敗続き。

場所

Oasis backpackers hostel Málaga 評価 8.0 booking.com

スペイン南部のマラガ(Málaga)へ到着した。おきまりのブッキンクコムを通じて価格と評価でここに決めた。

入り口玄関周り(右側の壁沿いにバイク駐車可)

宿泊価格

1人/1日 10.9€(日本円換算:1344円)

日によって価格が違うので確認してね。

受付エントランス

スタッフはとてもフレンドリーで人懐っこい。でも、受付にスタッフがいた試しがないw。こまったら玄関のドアベルを鳴らすとどこからか現れる。

ドミトリールーム

このベットだと上に人が寝てて寝返りを打たれても、下への影響は少ないので快適。いびきは勘弁だよね。受付で耳栓が2€で買えます。

トイレ・バスタブ周り

バスタブに栓がないのでお湯ははれない。

ドミトリールーム前の廊下。とても綺麗で清潔感がある。

共用キッチン

可もなく不可もなく。食べるテーブルが外にあるし冬場は中で食べたいね。なかの壁にテーブルがついてるが高さがイマイチで食べにくい。

受付裏にある共有スペース

キッチン側の共有スペース。

食事もできるが外なので冬場は避けたいところ。

駐車スペース

隣の建物の壁沿いにバイクを駐車することができる。

Wi-Fi速度

とても回線速度が早いの助かった!

動画をアップするのも快適。

場所

【スペイン ミハス】白壁の村へ行ってみた

マラガへ到着後にバイクトラブルに見舞われたが、ホセさんの神対応を経て問題を抱えつつもテネレは頑張って走行してくれている。

白壁のミハス村へ行ってみよう

交換予定のジェネレーターが到着するまでの数日はスペイン南部を巡ることになった。ホセさんからもおススメされたミハス(スペイン語:Mijas)へ行くことにした。なんでも村中が白壁でできているから幻想的なんだそうだ。

ミハスへ到着

いきなり目的地へ到着w。

特段何もなかったので省きました。

中心部に到着した。馬車がはしってたり、ロバが人を乗せてたりとゆったりとした時間が流れている。

村と聞いていたのでこじんまりしているのかと勝手に想像していたが、軽井沢みたい。どこか高級感が流れる感じ。

施設前でバイクを駐車させた。結構、英語が飛び交っている。日本人を始め各国から訪れているようだ。

別角度からパチリ✨

少し先に進むと見晴台へ到着した。記念撮影をしているので便乗したw

ステキな街並みだよな。

海側を望んでみた。日差しが強く半袖の観光客も多数。

ミハスってこう書くんだねw

海側の施設。バイクを置いていくのが面倒だったので行ってない。

少し拡大してみた。

山側を撮影してみた。

無料駐車場の周辺はお土産物屋が立ち並ぶ。

撮影したら奥にロバが沢山いるぞ。

後ろに人が乗れるようになっている。

ロバがズラーリw

ロバ有名なんだろうな。ブロンズ像もあった。

少し疲れたのでバルで休憩した。

コーヒーミルク入りを注文 (1.5€)

記念に自撮りでパチリ✨

バイクの積載量が多いので目立つ。皆が立ち止まって見ていく。

さて、村の中を経由して野営地を探しに行くことにした。白壁に青がセンスいいね。

ポインセチアはクリスマスの名残かな。スペインは1月6日までクリスマスが続くんだってさ。

色々構図を変えて撮影してみる。

こんなのも良いかもw

逆に後ろから撮影してみた。

通ってきた道を真正面から撮影。上のデコレーションは夜ライトアップされるんだろうな。

個人的にこの写真好きだな。

この写真も悪くない。

村を抜けたので海沿いへ向かうことにする。

野営地をみつけた

豪邸エリアを突き進むとこんな素晴らしい風景の広場に出てきた。

ここで野営決まりでしょw

早速、テントを設営。テントを取り出すと濡れてたな。なんかところどころ黒い斑点ができてる。汚れじゃなくてカビかも。以前、撤収の際に乾いていないまま仕舞い込んだようだ。

おっと!この植物は危険。針がとても強く長いのでタイヤがパンクしちゃう。

こっちもトゲトゲがかなり激しい。長さが短いので上の植物よりかマシだけど注意した方が良さそうだ。

ホセさんからいただいた電圧チェッカー。シガーソケットへ繋いでみると12.5vと表示された。停車状態だからこんあなものなのかな?平均をしらない自分にとって宝の持ち腐れかも。

野営場所

« Older posts