ワードプレスの動画貼り付けが上手くいかないので上部に貼り付け直しました。

公共の場で飲酒が禁止

お酒はどこでも入手可能なのだが、路上などで飲酒は禁止されている。警官に見つかると45ドルの罰金があるとネット情報にあるので注意しよう。


ボッタクリ保険屋もあるので注意

アルメニアに入国してジョージアに再入国しようとしたら50ラリとふっかけられた。すぐ隣の保険屋に行ったら20ラリで加入できた。

>>各国の注意点と覚書


ロシアで出会ったアメリカ人がジョージアを強くオススメしてきたこともあり、ジョージア入国を決定した。事前の知識は何もない。

ジョージア入国前の印象

自然が豊かである事、オフロードが続く。

滞在を経て印象の変化

予想以上の素晴らしい環境に沈没しそうになった。


ジョージア入国に際して知っておくべきことをまとめた

料理の味付けは酒飲み向きで塩辛い

マッシュルームスープやヒンカリなど含めて味つけが塩辛い。

自動車強制保険には必ず加入しよう

ロシアから軍用道路を経てジョージア入りした。その際に国境を超えた先に保険代行屋が営業している。料金も20ラリ(15days)ととても安い。

 

交通違反の罰金は国境で徴収されることがある

AKTAŞ BORDER GATE

自動車保険など未加入の場合には国境でも罰金が科されるので注意が必要。

罰金100ラリ(約5,000円弱)その場で支払ってもらうために国境の銀行へ連れて行かれることもある。(2018年9月現在)

ジョージア通貨「ラリ」はトルコ側で換金できない

隣接する国にも関わらず換金が出来ないので注意。

国境越えに必要な現金を引き出す際にはドルで引き出しておこう。国境近くのATMではUSドルも引き出すことが可能。

ドラクエ好きにはたまらない古城や修道院がある

ロシア側から軍用道路を使ってスパッツミンダへ抜けてきたが、道中の風景が衝撃的すぎてテンションMAX!

>>ドラクエ好きにはたまらない古城

>>魅惑のジョージアへ入国