メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

カテゴリー: ガボン (page 2 of 2)

【給油編】アフリカあるある

ガソリンスタンドではガソリン量を調整することがある。

どうやらキリの良い金額にして細かい釣りを出したくないのだ。

常に満タンをお願いしているが、これが困った状況を呼び寄せる。

給油調整中にガソリンを溢れさせることがよくあるのだ。

タンクはベトベトになるし塗装にも悪いし何より臭い。

ある日、

給油するのにガソリンスタンドへ入った。

メタボン>>満タンでお願い

スタンド>>OK

順調に給油されガソリンが満タンに近くなる…

ノズルを手持ちで宙に浮かせてるから自動停止機能が使えない。

不安が過ぎる。。。

あれっ、給油口を見ずに後ろ向いた!?

どうやらキリのより金額に調整しているようだ。

オイオイ大丈夫か、全然給油口を見てないけど…

案の定→ドバドバドバ!!!

そうだよね、溢れるよね。

メタボン>>ウォーーィ!!(プチ切れ)

スタンド>>ポカーン(なに?的なw)

ガソリンがダダ溢れているのに普通の表情。

メタボン>>見てガソリン溢れてるよね!!

メタボン>>俺、嫌いなの。

拭き取るタオルを要求する。

↓↓胸の内↓↓

ここは異国アフリカだ。

文化も習慣も全てが違う。

こんなこともあるよな。

怒った自分が恥ずかしい。

自分を納得させ拭き終える。

すると何を思ったのか、

並々注がれている給油口に更にノズルを入れてくる。

メタボン>>おぉーい!何してる?何してる?何してる?

スタンド>>えっ?まだ入れられるけど(金額丁度まで少し)

もう意味がわからない??????

アフリカンマジック♪

【買い物編】アフリカあるある

アフリカの人々はどうも足し算・引き算が苦手。

ある日、買い物に行った時のことだ。

↓以下便宜上、現地通貨を日本円にしてます↓

買い物をして会計の段階。

自分は750円の買い物をして2000円札で会計。

お釣りを1250円貰う。

相棒は750円の買い物をして1000円札で会計。

お釣りは250円なのだが細かいのが無いらしい。

手には500円札を握りしめている。

店主は何を思ったのか俺の顔を見てくる。

「お前、250円持ってたよな?」的な・・・

あるけど何?

ジェスチャーを日本語化するとこうなる。

俺はお前に500円札渡すから250円彼に渡せ。

これで全て上手くいく。

ん!?

あなたは俺に250円くれることになるけど…

アフリカンマジック!

ガボンの大使館が繋いだご縁

ガボンへ到着して最初に行ったのが日本大使館への訪問だった。

大使館員に現在の治安を含めた現地情報を求めて向かうことになる。

そこでフランス語流暢に話すJICAで働く村川君と出会った。

出会ったというのは正確な表現とは程遠いものだったが、

日本大使館を後にして、近くのスーパーで買い物をしていると、

インスタグラムのダイレクトメッセージが飛んできた。

んっ??

あれっ、誰だろう?

それは、村川君から食事会へのお誘いの内容だった。

まさかインスタで既に繋がっている関係とは思わずに驚いた。

タケヤンと2人で喜んでお誘いに乗ることにした。

右側から、甲斐君→アクセル→メタボ→谷中さん→村川君→タケヤン

アクセル君の日本語がヤバイ!!

彼の操る日本語には何か宿ってます。

身のこなしはお姉系なのが又面白い!

来日予定なので外国人タレント事務所へ連れてきますw

あっ、同じベナン繋がりなのでゾマホン氏へ紹介もありだね。

日本で働く機会を繋げられれば互いに嬉しい♪

久々の肉に舌鼓🍖

奥は白身魚でどれもウマし!

この手前のピラフ風の米。

コレは餅米だね!

タイのカオニャオに似てる。

ウマし!

ガボンのビールで乾杯🍻

お誘い頂き、ありがとうございます😊

楽しい時間を過ごせました♪

SNSパワー炸裂

毎度、インスタグラムの繋がりには驚かされることがある。

昨年、ロシアのショッピングモールでは視界の端から、

女性が近づいてくるなり「これ貴方ですか?」とスマホ画面を突きつけられた。

そこには間違いなく、俺の写真があるではないかw

おそるべしSNSパワー。

近所へ買い物行ったら違反切符切られそうになる

CK2ホームセンター

CK2ホームセンター

明後日、いよいよ出発を前に買い出しをしておくことにした。

本格的なオフロードを目の前にして、スタックした時用の脱出道具を探しにきたのだ。

 

ホームセンター入口

ホームセンター入口

一通を逆走して違反切符?!

先導してくれてたタケヤンが一通を進んで行ってしまった。

雰囲気で一通とはわかったが、多分大丈夫だろうという彼の判断。

すれ違うタクシーからは「No!」と合図をもらってた。

タケヤンが無事に駐車場へ侵入したことを見届けて、

不本意ながら自分も後をついてソロソロと駐車場内へ移動。

警官が現れた!

やべっ、2名の警官がこちらへ向けて闊歩してくる。

逆走を見ていたんだろうな・・・。

案の定、逆走を指摘されて罰金を支払うことになった。

違反金って減額できるの?!

違反切符の紙には48000CFA(日本円換算:9,100円)と手書きされる。

えっ、1人かな2人でかな?

フランスが喋れない2人に緊張が走る。

てか、手持ちが俺は3000CFAしかない。

タケヤンも5000CFAが全財産。

高過ぎて支払えないと拒否をすると、

価格交渉を持ちかけてきた…。

てか、違反金に値切りなんてないだろ!

最初提示してきた金額も怪しいもんだな。

俺らも悪いけど、警官としてどうなんでしょうか。

さて、交渉の続き。

15000CFA(日本円換算:2850円)を手書きしてくる。

いやいや、本当に持ってないよ。

お互いの財布を開けて見せて納得してもらう。

警官も苦笑いで渋々受け取って無罪放免。

銀行へ寄ってから買い物行かなくてよかった。

気分を変えて祈念オブジェに立ち寄った

そそくさと買い物を終えて、気分転換に以前から気になっていた、

祈念オブジェに立ち寄ることにした。

マップスミーには「Lesclave libere」とある。

詳細名は不明である。

 

気分転換に記念碑へきた

気分転換に祈念碑へきた

快晴、快晴♪

海岸線を走るのは海外でも同様に気持ちがいいな。

 

ガボンは日差しが強い

ガボンは日差しが強い

海は流石に汚いので、大使館からも泳がないように注意されたw

地元民も泳いでないから、衛生上問題があるのだろう。

 

検索するも名前無し

検索するも名前無し探しても名前不明

なんども脇をタクシーで通って記憶に残っていた。

近くに寄って見ると、なんか変な格好してるw

戦闘モードで構えてるみたいにも見えてくるんだよな。

よーく見ると、半分男性で半分女性になってた。

右側に乳房が見えるでしょ。

 

奴隷解放せーい!

顔つきがコミカルだから、文章もついつられてしまう。

奴隷という悲しい歴史が背後にあるんだよな。

 

チェーンちぎったった!

チェーンちぎったった!

自由だーっ!!

と、聞こえてきそうな表情をしている。

 

うぇーい自由だぁ!

うぇーい自由だぁ!

バックショットも絵になるな。

 

食事会へ誘われているので買出しにGO

 

食事会の手土産購入

食事会の手土産購入

2回目の食事会となるが、前回皆が酒飲みだったので白ワインを持参することにした。

 

日曜日は混雑する

日曜日は混雑する

日曜日ということもあって、お客で賑わっていた。

明後日に出発を控えているので、最後の買出しもかねている。

2週間も滞在してると買うものもパターン化してくるw

購入したのは、毎度おなじみの即席麺とクッキーのみ。

リーブルビルも最後だな。

 

ガボン滞在 2週間 あぁ退屈な日々

生憎ガボンは雨季真っ只中なので時折、

話し声が聞こえない程の豪雨に見舞われる。

昨晩も深夜に雨音で目を覚ました。

大体は1時間程度で止むことが多いのだが、

昨晩は3時間程度降り続いた。

既にガボン到着して2週間が経過しているが、

現在はアンゴラVISA開始日まで日程調整中。

そもそもナイジェリアを通過を予定していたので、

ビザ取り日数を含めていたのだ。

しかしベナンから海上輸送することで

かなり先送りすることができちゃったって訳。

今日は食材も無くなってきたので、

近くのスーパーへ買い出しに行くかな。

現金も引き出さないと。

良い一日になーれ♪

ガボンのミッションスクール宿

アフリカに入国して、ギニアでもお世話になったがキリスト教関連施設に宿泊した。

海外ツーリストもこの手の宿泊施設を結構利用してたりする。

ぽこけん夫妻も10年前にお世話になっていたようだw

ネットで過去を検索できるとはすごい時代だよね。

実は向かいのやはりキリスト教関連の宿泊施設を見てきたが、

滞在費ようが高いので困っていたところ、受付スタッフから情報を得た。

 

宿泊施設外観

さて、早速だが宿泊した施設をご紹介したい。

教会の宿に関しては名前がないから厄介だ。

詳細場所を地図情報として掲載するので探して欲しい。

建物外観

建物外観

右側階段を登ると宿泊施設となる。

一回は各種ミーティングが行われているので騒がしい時もあったりする。

宿泊費用

例の如く、相棒と一部屋をツイン利用することにした。

管理人が優しくてベットを用意してくれたのは感動。

エアコンとwifiがないことに目をつむれば滞在費を安くあげられるぞ。

10,000CFA/1泊(日本円換算 1900円程)

※2019.05.02現在

個室部屋

 

室内

室内

元々は個室シングルルームとんなる。

なんとなく鉄格子が精神病棟を連想させるw

 

クローゼット

クローゼット

部屋は綺麗に保たれており、定期的にシーツ等を交換してくれる。

クローゼットも必要にして十分。

 

洗面台

洗面台

更に、水道水は飲めないので飲料水を管理人が持ってきてくれる。

共有スペース

共有スペース

キッチンで自炊してはここで食べるのが日常になっていった。

足元にはたくさんのトカゲたちがウロウロしてるので楽しげ。

爬虫類が苦手な人には悪夢だろうな。

 

共有キッチン

共有キッチン

コンロは電気式しか置いていない。

因みに電源が入るのは右側のみとなる。

 

冷蔵庫

冷蔵庫

開け閉めが多いせいか、なかなか飲み物がキンキンに冷えることはない。

 

駐車スペース

駐車スペース

駐車スペース

入口ゲートは夜間施錠されるので比較的安心。

とは言っても、必ず施錠とイモビは稼働させてる。

屋根がないのでバイクカバー持参がいいね。

 

所在地

 

海上輸送でバイク破損した!

海ぽちゃだけは勘弁して

海ぽちゃだけは勘弁して

あぁ…シートに食い込みながらバイクが釣られていく。

落っことすなよと内心ヒヤヒヤしながらのガボン上陸だった。

壊れてるじゃん

バイクに問題がないか、注意深く観察すると破損箇所が見つかった!

破損箇所1

破損箇所1

右側から何か強い衝撃を受けたためにタンク上部に擦れ趾があり上部の樹脂パーツが剥がれてる!

乗船員とオーナーに破損箇所を伝えるも、ノープロブレム!?

一体何なの?大丈夫、大丈夫って繰り返すけど、それはこっちがいうセリフなんだけど💢

破損箇所拡大

破損箇所拡大

隙間ができて浮いちゃってるよ…。

画像では確認できないが、ウインカーもヒビ入ってるし。

海上輸送は全然オススメ出来ない。

破損状況確認1

破損状況確認1

宿へ戻って破損箇所を確認した。

両方ともに樹脂パーツの突起部分が折れてしまった、

 

破損状況確認2

樹脂接着剤で直るものなのだろうか…。

テネレは日本で流通してないのでパーツ取り寄せでも一ヶ月以上掛ってしまう。

 

破損状況確認3

破損状況確認3

こちら側は半分くらいの所で折れている。

先っちょはバイクの穴に入って取り出せない。

 

破損状況確認4

破損状況確認4

受け側の穴はここにある。

錆が出ていた

海上に10日間以上いたこともあり、チェーンなどが錆びついてた。

早速、錆を落としてチェーンオイルと挿した。

錆が出ている

錆が出ている

サイドスタンドにも多くの赤錆が浮いていた。

塩分おそるべしw

Port Owendo出発

Port Owendo出発

2週間近くぶりの再会を果たした愛車達。

最終段階で関税が1000ドルと口にされたが、お金がないことをアピったら帳消しになった。

そもそも必要ない費用なので当たり前だけどね。

とは言っても、アフリカだから難癖つけてお金を引っ張ろうとする。

港職員さん

港職員さん

船から降ろした後は、船会社のマネージャーはそそくさと帰って行った。

もう俺の仕事ないからバイバイだって。

破損部分はどーすんだよ💢

どうしようもない船会社だった。

大手を通して移動するか、空輸が吉です。

PORT OWENDO

 

 

【ガボン Gabon】NITROJETSでオイル交換

ガボンへ到着したバイクを引き取りにいき、その帰り道でバイク屋へ立ち寄ることにした。

タケヤンのフロントタイヤはクラックが入っていて交換必須となっていたからだ。

NITRPJETS

NITRPJETS

テネレもついでにオイル交換

我がテネレもついでにオイル交換してもらう事にした。

実は交換してたったの1,500kmしか走行していない。

随分早い交換だと思うかもしれないけど理由がある。

前回交換した際に20W-50をチョイスしたのだが、

新品にも関わらずサラサラなので粘度が信用できないのだ。

まだ道のりも長いので用心しての交換となる。

YAMAHAディーラー入口

YAMAHAディーラー入口

店舗名もあるとは思うが、入口看板にはYAMAHAロゴのみ。

オーナーと記念撮影

オーナーと記念撮影

オーナーはとてもフレンドリーだった。

ガボンは税金が高いのでどの商品も東京に比べて割高。

タケヤンも新品のタイヤに交換するのだが2倍近い金額に悩む。

そんな姿にオーナーから割引の提案がきたので即決したみたいw

整備工場

整備工場

整備工場

複数名のエンジニアが忙しそうに動き回っていた。

タイヤも揃っている

品数豊富とまでは言えないが、最低限の選択肢はあるようだ。

オフロードタイヤも揃う

オフロードタイヤも揃う

参考価格

ピレリのMT21の場合(硬くてロングライフのタイヤ)

日本で購入すると8,500円/1本(AMAZON)

ガボンで購入すると85,000CFA/1本(日本円換算 16,000円程度)

※上記ガボンでの費用には交換料金含む

タケヤンは交渉の末、70000CFAで交換することができた。

 

店舗内をグルリ

店舗内1

店舗内1

一通り商品は揃っていた。

近くに別のバイク屋があるが品揃えと営業が少ないようだ。

比較するとこちらにきた方が良いと思う。

店舗内2

店舗内2

ヘルメットやウェアも品数豊富だった。

店舗内3

店舗内3

アライやSHOEIなど日本製の取り扱いがないのが残念。

店舗内4

店舗内4

別角度からパチリ。

店舗内5

店舗内5

ハンドルも購入することができる。

形状はモトクロス専用だろう。

店舗内6

店舗内6

今更気づいたが、オフロードタイプのヘルメットが充実してるな。

中古車販売

 

何のバイクに見える?

何のバイクに見える?

正面から見ると何のバイクなのか不明。

最初はてっきりKAWASAKIかなぁと勘ぐってしまった。

が、側面に回り込むと…

 

 

カスタムVMAX

カスタムVMAX

デカデカとVMAXの文字が見ることができた!

日本では見かけたことのないエアインテークが特徴的。

リア周りも随分とカスタムしてるようだ。

海岸沿いなので錆が目立つ

海岸沿いなので錆が目立つ

店舗入り口に鎮座する大型バイク達。

テネレと同じエンジン!

テネレと同じエンジン!

中央右側にあるオフ車は我がテネレと同じ血筋のバイク。

全く一緒のエンジンを積んでいる。

塗装はげ、腐食が進んでいて海岸沿いということもあるけど可愛そう。

販売価格は40万円弱なんだけど相場からすると高すぎかな。

 

アフリカでも人気のTMAX

アフリカでも人気のTMAX

ヨーロッパで大人気のTMAXだが、アフリカでも人気があるぞ。

所在地

 

Newer posts »