メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

カテゴリー: 安宿情報

【ガボン ムイラ安宿情報】Mess Militaire de Mouila

ムイラに到着した。ホテルを検索すると比較的多いい印象。ここを選んだ理由は風抜けの良さだな。

外観

エントランス前には駐車スペースがある。

宿泊費用

15000CFA/1日(日本円換算 約2800円程)

個室部屋

部屋にはエアコンがついている。

テレビはついているのだが、アンテナが無いようで視聴できない。

1号室には冷蔵庫が設置されているので冷たい飲み物を冷やすことができる。

併設レストラン

ミネラルウォーターが600CFAと非常に良心的。

ランバネレの商店で購入すると750CFAくらいだった。

ビールも500CFAから選ぶことができる。

風通しがよいので心地よい。

所在地

【Gabon安宿情報】HOTELパパイ

HOTELパパイ

写真差し替えました。

清々しい空気が流れている中庭。

エントランス前の芝生

レセプション前の芝生。

シーツの洗濯だろうか。

左側には駐車スペースもある。

当然、バイクなら複数台駐車可能。

レセプション

左奥のレセプションにてチェックインする。

宿泊費用

1人利用 個室 17,000CFA/1泊あたり

※基本は一名利用から

今回もお願いして2名利用することができた。

部屋内部

110号室

私物が散らかっていて申し訳ない。

チェックインしたタイミングで撮影できれば綺麗なんだけどね。

所在地

陽気なオーナー

ツーショット

とても陽気なオーナーで日本語も少し喋れるようだ。

中国と日本の違いをしっかりと知っているので親近感が湧く。

おはようございます!

ありがとうございました!

と、元気が良いw

オーナー

愛車の前で記念撮影。

保護中: 【限定公開】ガボンの宿泊施設と長期バイク保管について

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

ガボンのミッションスクール宿

アフリカに入国して、ギニアでもお世話になったがキリスト教関連施設に宿泊した。

海外ツーリストもこの手の宿泊施設を結構利用してたりする。

ぽこけん夫妻も10年前にお世話になっていたようだw

ネットで過去を検索できるとはすごい時代だよね。

実は向かいのやはりキリスト教関連の宿泊施設を見てきたが、

滞在費ようが高いので困っていたところ、受付スタッフから情報を得た。

 

宿泊施設外観

さて、早速だが宿泊した施設をご紹介したい。

教会の宿に関しては名前がないから厄介だ。

詳細場所を地図情報として掲載するので探して欲しい。

建物外観

建物外観

右側階段を登ると宿泊施設となる。

一回は各種ミーティングが行われているので騒がしい時もあったりする。

宿泊費用

例の如く、相棒と一部屋をツイン利用することにした。

管理人が優しくてベットを用意してくれたのは感動。

エアコンとwifiがないことに目をつむれば滞在費を安くあげられるぞ。

10,000CFA/1泊(日本円換算 1900円程)

※2019.05.02現在

個室部屋

 

室内

室内

元々は個室シングルルームとんなる。

なんとなく鉄格子が精神病棟を連想させるw

 

クローゼット

クローゼット

部屋は綺麗に保たれており、定期的にシーツ等を交換してくれる。

クローゼットも必要にして十分。

 

洗面台

洗面台

更に、水道水は飲めないので飲料水を管理人が持ってきてくれる。

共有スペース

共有スペース

キッチンで自炊してはここで食べるのが日常になっていった。

足元にはたくさんのトカゲたちがウロウロしてるので楽しげ。

爬虫類が苦手な人には悪夢だろうな。

 

共有キッチン

共有キッチン

コンロは電気式しか置いていない。

因みに電源が入るのは右側のみとなる。

 

冷蔵庫

冷蔵庫

開け閉めが多いせいか、なかなか飲み物がキンキンに冷えることはない。

 

駐車スペース

駐車スペース

駐車スペース

入口ゲートは夜間施錠されるので比較的安心。

とは言っても、必ず施錠とイモビは稼働させてる。

屋根がないのでバイクカバー持参がいいね。

 

所在地

 

【ガボン Gabon】NITROJETSでオイル交換

ガボンへ到着したバイクを引き取りにいき、その帰り道でバイク屋へ立ち寄ることにした。

タケヤンのフロントタイヤはクラックが入っていて交換必須となっていたからだ。

NITRPJETS

NITRPJETS

テネレもついでにオイル交換

我がテネレもついでにオイル交換してもらう事にした。

実は交換してたったの1,500kmしか走行していない。

随分早い交換だと思うかもしれないけど理由がある。

前回交換した際に20W-50をチョイスしたのだが、

新品にも関わらずサラサラなので粘度が信用できないのだ。

まだ道のりも長いので用心しての交換となる。

YAMAHAディーラー入口

YAMAHAディーラー入口

店舗名もあるとは思うが、入口看板にはYAMAHAロゴのみ。

オーナーと記念撮影

オーナーと記念撮影

オーナーはとてもフレンドリーだった。

ガボンは税金が高いのでどの商品も東京に比べて割高。

タケヤンも新品のタイヤに交換するのだが2倍近い金額に悩む。

そんな姿にオーナーから割引の提案がきたので即決したみたいw

整備工場

整備工場

整備工場

複数名のエンジニアが忙しそうに動き回っていた。

タイヤも揃っている

品数豊富とまでは言えないが、最低限の選択肢はあるようだ。

オフロードタイヤも揃う

オフロードタイヤも揃う

参考価格

ピレリのMT21の場合(硬くてロングライフのタイヤ)

日本で購入すると8,500円/1本(AMAZON)

ガボンで購入すると85,000CFA/1本(日本円換算 16,000円程度)

※上記ガボンでの費用には交換料金含む

タケヤンは交渉の末、70000CFAで交換することができた。

 

店舗内をグルリ

店舗内1

店舗内1

一通り商品は揃っていた。

近くに別のバイク屋があるが品揃えと営業が少ないようだ。

比較するとこちらにきた方が良いと思う。

店舗内2

店舗内2

ヘルメットやウェアも品数豊富だった。

店舗内3

店舗内3

アライやSHOEIなど日本製の取り扱いがないのが残念。

店舗内4

店舗内4

別角度からパチリ。

店舗内5

店舗内5

ハンドルも購入することができる。

形状はモトクロス専用だろう。

店舗内6

店舗内6

今更気づいたが、オフロードタイプのヘルメットが充実してるな。

中古車販売

 

何のバイクに見える?

何のバイクに見える?

正面から見ると何のバイクなのか不明。

最初はてっきりKAWASAKIかなぁと勘ぐってしまった。

が、側面に回り込むと…

 

 

カスタムVMAX

カスタムVMAX

デカデカとVMAXの文字が見ることができた!

日本では見かけたことのないエアインテークが特徴的。

リア周りも随分とカスタムしてるようだ。

海岸沿いなので錆が目立つ

海岸沿いなので錆が目立つ

店舗入り口に鎮座する大型バイク達。

テネレと同じエンジン!

テネレと同じエンジン!

中央右側にあるオフ車は我がテネレと同じ血筋のバイク。

全く一緒のエンジンを積んでいる。

塗装はげ、腐食が進んでいて海岸沿いということもあるけど可愛そう。

販売価格は40万円弱なんだけど相場からすると高すぎかな。

 

アフリカでも人気のTMAX

アフリカでも人気のTMAX

ヨーロッパで大人気のTMAXだが、アフリカでも人気があるぞ。

所在地