メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Category: イタリア

イタリアでのスマホナビアプリについて

イタリアは日本に比べても高速料金は安いんだけど、先を急ぐ話けではないから下道ルートを走りたいんだよね。塵も積もれば山となるw

Maps.Meで下道移動してみたが…

スロベニアからイタリアのベネツィアへ移動する際に、マップスミーで高速道路を外して何度も短い距離でルートを引いていた。何度も繰り返される目的地設定が手間だった。

モンゴル入国からMaps.meを多用してきたのだが、下道ルートを選択する機能がない。モンゴルでは下道しかないので不便さは目立たなかったのだ。が、ヨーロッパ諸国へ入国すると高速道路があるので高速ルートをナビってしまう。ブルガリアやハンガリーで踏み倒し状態で抜けてきてしまった。

そこで、封印してきたsygicが下道ルート設定ができるので活躍の予感!

Sygicを封印した理由

実はこのsygicの弱点は住所検索が使えないのだ。日本語で検索できるものもあるが、データとしてはごく僅か。更に英字入力してもかなりの確率でヒットしない。有料なのに…。

双方に利点と欠点がある

▪️マップスミー(maps.Me)

利点→ 情報量が圧倒的

欠点→ 下道ルートが引けない

▪️シジック(Sygic)

利点→ 下道ルートが引ける

欠点→ 住所検索が使えない

互いに弱点を補完する

2つのアプリ同時利用がキーポイント!

例えば目的地のホステルへ行きたい場合には、sygicアプリで大まかな都市部まで到達する。

バックグラウンドで動作しているmaps.meへナビを引き継ぐことで、無事にホステルへ到着できるって小技。

1. Sygicで大まかな都市を選択する(下道ルート)

2. Maps.meでホステル等の詳細選択する。

Sygic下道ルート設定方法

目的地を設定するとルートが引かれるが、有料道路やフェリーが優先されている状態。

右上の“OPTION”をタップすると、上記画像が画面に表示される。

緑色になっている場合には“Motorways”と“toll roads”が有効になっているので外す必要がある。

指でタップすることで緑色からグレーに変化する。これで下道ルート設定完了。

関連記事

モンゴルではMaps.meの1択

バイクから煙が上がってさぁ大変 in ジェノバ

ジェノバへ到着

ピサの斜塔を後にして、ジェノバへ到着した。

本日のホステルはジェノバから北西へ80km程度進んだ山間部に位置している。ジェノバは町の雰囲気を感じたら、その場を後にしようと予定していた。

バイクから煙が上がった!?

赤信号で停車中にハンドル付近から煙が立ち込めた。最初は前に停車しているオンボロ車から出ているのではと疑ったが、嫌な匂いが立ち込めたこともあり、念のために停車。

エンジンをストップしてエンジン周りを確認しても何ともないが、ラジエタへ目線を移動すると、地面に緑色の液体が滴っていた。

クーラント液が漏れていたのである。フロントの剥き出しになっているエキパイにクーラント液が落ちて蒸発した際に立ち上った煙だったようだ。

バイク天国のジェノバ

幸いバイクが多く走るジェノバにはバイクショップが必ずある。これが山間部で煙が上がっていたら大変だったな。イタリアではSIMカードを購入してないのでネット環境がない状況。困っているとイタリア人男性が助けてくれた。

ヤマハのディーラーまで3kmと近い!しかも迷っては困るだろうと、彼のスクーターについて行くことになった。

MotoGP YAMAHA

エンジニアに症状を説明して確認してもらうと、最悪ラジエター全交換となり500€程度費用がかかる可能性があると言われた。これからアフリカへ入国するので、当然修理は必須なので依頼することにした。

軽傷で一安心した

彼がオーナーなのだが、名前を聞き忘れた。静岡本社へ訪問した額入りの写真を見せてくれた。

翌日、顔を出してみると、表に愛車が駐車されている。既に修理を終えて出発ができる状態だった。

修理内容をイタリア語と身振りで説明された。クーラント液が単純に漏れただけでなので、漏れないように修復したという内容だったみたい。

一路チリオネに向けて出発

昨日宿泊する予定だったホステルへ向けて一日遅れのスタート。

既にブッキングコムを通じて翌日に予約をずらしてある。

到着すると、シーズンオフということもあり宿泊者は1人。

一棟丸ごと独り占めできる環境だったw

【イタリア編】フィレンツエ散策してきた 動画

原因不明の発疹

フィレンツエ到着して翌日、堪え難い全身の痒みと共に起床した。

首筋と右手足首に広がった発疹だったから、免疫系が弱まっているのか不安に・・・。

右手首

右手首

首筋

首筋

首筋2

首筋2

2日目の朝、左足首が集中的に激増したので、虫が原因の可能性が高くなった。

2日目 左足首激増

2日目 左足首激増

衣服に付いて持ち帰らないように虫除けスプレーを咳き込むまで自分に噴射w

今までで一番最悪なホステル滞在となった!

関連記事

>>評価5.5 最悪のホステル(フィレンツエ)

 

【booking.com】イタリアで予約する際の要注意!

ジェノバの港

ジェノバの港

ジェノバに何か楽しげなホステルがヒットした!

なんと大型船舶(クルーザー)内で宿泊できるのだ!

 

booking.comから引用

booking.comから引用

チェコにいる時に見つけていて、直前割を見てみると200円という破格料金設定!

一瞬、怪しいのでは無いかと疑ってみたが、評価8.2と悪く無い。

この記事を書いている11月16日時点でも500円代と安い。

 

クルーザー外観

クルーザー外観

波に揺られて眠りにつけると思い興味津々!

ベット部分

ベット部分

広さは期待できなけど思い出としては面白そうだ!

宿泊予約した

ジェノバへ到着する直前にbooking.comを通じて予約をした。

予約確認メールを開いてみると・・・

予約完了メール

予約完了メール

値段が違うぞ?

一泊合計24.80€になってる!?

良く見てみると小さく「税+手数料 2,582円」とある。

そう、見落としていたのだ。

これは文字が小さくても、こちら側のミス。

キャンセルすると620円のキャンセル料が発生。

ん〜安さに釣られて予約したけど・・・

誤解とミスを誘っているような料金設定に感じるけど。

Ostello di ciglione 評価9.9 booking.com

ホステル外観

ホステル外観

当初、今回紹介するホステルへ直行する予定でいたが、

愛車のクーラント液漏れというハプニングに伴いジェノバへ1泊する羽目になった。

以下、関連記事(Facebookより)


滞在したジェノバ(GENOVA)から北西へ直線距離で20km。

下道で行くと迂回することもあり約80kmの道のり。

到着してみると結構田舎だったw

オフシーズンも重なり一棟まるごと1人で利用できた。

満室でも14名程度かな。

敷地内にバイク駐車できる

ホステル前にバイク駐車できる

ホステル前にバイク駐車できる

農村地帯なので盗難ということはまず無いけど、

敷地内に駐車できる安心感はありがたい。

レストランフロア

一階レストランフロア

一階レストランフロア

ハイシーズン時には食事をオーダーすることができる。

共有フロア(キッチン)

共有フロア(キッチン)

共有フロア(キッチン)

必要にして十分!

広々キッチン

広々キッチン

ドミトリールーム

家族連れでも大丈夫

家族連れでも大丈夫

Wi-Fi速度

場所

Ostello Villa Camerata 評価5.5フィレンツェのホステル到着

Ostello Villa Camerata

フィレンツエに到着した。中心部から少し離れた場所に位置しているゲストハウスを予約していた。到着してみると、昔は豪華であったであろう門扉が印象的。

森の中に続く上り坂

門をくぐると左カーブの上り坂になっている。周囲は深い森が続く。ブッキングコムの口コミで残されていた「ホステルまでの道のりが遠い」を体感していた。距離にして400m程上りが続いただろうか。確かに重い荷物を背負って登りきるには辛い環境w

大使館の様な佇まい

ホステルへ到着してみると薄黄色に塗られており、周囲の森と調和している。建設当時は相当豪華に作られていたことをみて取れるが、経年劣化が著しい。

年季の入った二段ベットw

手すりのハゲかたがパナい

ここはアフリカか!?

チェックインをしようと中に入ると黒人だらけ。何語だかわからない言葉が怒号のように飛び交っている。イタリアで身内の結婚式でもあるのか正装する人や子供をあやす人、他準備に忙しそう。建物の雰囲気と大勢の黒人を目の当たりにしてアフリカってこんな感じかなと想像してみる。

これホステルなの?

今まで類をみない建物に少し躊躇した。特に受付の天井にはドームがあって内側には天使のような壁画が描かれている。また周囲には彫刻が施されていて、まるで教会か美術館を連想させる。

皇族が住んでいた!?

受付にホステルの前はなんだったのか聞いてみると、ルネッサンス時代に貴族が住んでいたそうだ。彼曰く皇子住んでいたとのこと。

朝食付き

無いよりかマシ程度かなw

評価5.5に納得

建物の劣化と設備の機能面を含めても妥当な評価だな。バックパッカーや旅行者にとっては、登り坂と買出しがネックになるだろうな。車両移動出来る旅行者は無料駐車場もあっていいかもね。

場所