メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

カテゴリー: アンゴラ

アンゴラビザ取得について覚書

覚書として残してます

◆アンゴラビザ申請日と受取
申請日 月曜 火曜(午前中のみ)
受取日 金曜日
申請場所 ガーナ アクラ

◆必要書類について
注意→全てA4サイズに揃える
1. パスポート
2. パスポートコピー
3. ガーナビザコピー
4. 自己紹介文(ポルトガル語翻訳)
5. 銀行の残高証明書
6. クレジットカードのコピー
7. 旅行工程表
8. 証明写真 2枚
9. ホテルの予約確認表

2019.03.20 水曜日
ガーナ入国

2019.03.21 木曜日
アクラ移動

2019.03.22 金曜日
今日中に申請を終える勢いで動いた。アンゴラ大使館で必要書類の確認を終えて、ポルトガル語翻訳のレターが必要となった。紹介先の翻訳代理店へ向かうも、何故かイミグレーションへ行く羽目になる。だが必要なし。再度翻訳代理店へ舞い戻ることになる。不要な移動となった。ネットで調べた翻訳代金が1枚当たり50セディに対して150セディを請求。黄熱病カード、国際ライセンスカードなども含めて4枚の翻訳が必要と言い出す。合計600セディ(日本円13,000円)。腑に落ちないのでアンゴラ大使館へ再度確認へ向かうことになる。幸い受付女性がおり確認を取ると、通常料金の3倍であること、不要な翻訳作成が発覚した。

2019.03.23 土曜日
旅行工程表を英語とポーランド語で自作する

2019.03.24 日曜日
休み

2019.03.25 月曜日
アンゴラ大使館へ申請書類一式を持参するも、正規翻訳代理店が発行したドキュメントが必要となり、振り出しに戻る。翌日火曜日に持参することになる。
大使館を後にして渋々元の翻訳代理店へ向かうと冷たい対応。正規料金50セディを伝えても150が正規料金とのことで妥協した。自己紹介文のみで制作代金150の支払い。

2019.03.26 火曜日
作成したドキュメントを持参して開庁時間に合わせて訪問するが、急遽大使館の工事となり受付できないことになる。前日にわかってるのに教えてくれない。明日来てと言ってて休館とか意味不明。木曜日に出直すことになった。

2019.03.27 水曜日
特になし

2019.03.28 木曜日
朝、携帯電話が鳴り11時に来るようにと、守衛から連絡があった。定刻に行ってみると12時半だとすり替えられてしまう。炎天下の中、外で待つことになる。時間になったので大使館へ向かうと、今度は午後3時に変更となる。いい加減にしてと不満を述べるが、守衛に責任はない。一旦ホテルへ戻るが、今度は前倒しとなり3時前に向かうことになった。やっとの事で、大使館へ入ることができた。VISA代金の70ドルを銀行にで支払うことになるが、4時までにレシートを提出する必要が出てきた。既に3時を過ぎている。しかもホテルの予約票コピーを用意してこいと追加が出た。目の前にあるコピー機でコピーしてくれればと2人で不満が噴出した。大急ぎで銀行へ駆け込み支払を終える。続いてコピー。タクシーで戻るも4時キッカリに到着する。受付女性は帰宅準備を終えて正面玄関から帰宅する為に出てくる。守衛に渡してと残し帰路についた。支払ったレシートとパスポートを守衛に預けて、翌日にビザを受け取りに来ることになった。あぁギリギリセーフ。待たないんだね。散々待たせて、終わらない追加作業増やしといてw

2019.03.29 金曜日
意気揚々とパスポートを受け取りに行くと、今度はポルトガル語翻訳ドキュメントにサインがされてないから、来週取りに来て欲しいと口にする。珍しくタケヤンから不満が噴出した。あれだけ不備がないか確認して欲しいと再三言っていたからだ。結局、翌週火曜日を月曜日に前倒しする事で折り合いをつけた。

2019.03.30 土曜日
休み

2019.03.31 日曜日
休み

2019.04.01 月曜日
パスポートを貰える確証はないが、バイクに荷物を括り付けて出発。無事にパスポートとビザを貰うことができた。

今回もなかなか手強いVISAだった。

【アンゴラ】ルバンゴでプチツーリングへGO

宿泊した宿が快適ということもあって連泊した。

その翌日、近場にツーリングスポットがあるので出かけることになった。

空荷でテネレもご機嫌

空荷でテネレもご機嫌

駐車場のスタッフにパニアケースを預けることができた。

久しぶりの空荷で少し喜んでいるように見える愛車のテネレ。

宿の駐車場にて準備

宿の駐車場にて準備

 

標高が高いこともあり、エンジンスタートに気を使うタケヤン。

 

TUNDAVALA GAP

谷底まで1kmあるというツンダバラギャップへ向かった。

 

早速到着

早速到着

ホテルから40分程度で到着。

ヒンバ族登場

ヒンバ族が現れた

ヒンバ族が現れた

どこに隠れていたのかヒンバ族の子供達が集まってきた。

足取りの元へ目を向けると親がこちらを見守っている。

泥を頭に塗りたくっているのがテカテカに光ってるぞw

お金ちょーだいって・・・。

 

ヒンバ族まとわりつく

ヒンバ族まとわりつく

俺がダメだと知ると、タケヤンに集中攻撃w

アフリカの観光地はつきまとわれて大変。

ヒンバ族2

ヒンバ族2

この後、ずーっと後をついてくるので撮影に集中できない・・・。

それにしてもスゲー髪型だよなw

誰がはじめにやったんだろう?

ヘアトリートメント?

高所恐怖症には辛い

高所恐怖症には辛い

早速、谷底が見える場所まで歩いてきた。

ここから見ても高いことは見て伺える。

 

谷底を見て股間が騒つく

谷底を見て股間が騒つく

谷底を見て、「ウヒョー」と声にするタケヤンw

まとわりつかれるので、早々に退散した。

 

途中に貯水池があった

途中に貯水池があった

道中には貯水池らしき綺麗な水面を見ることができた。

 

Christ the King

宿からも見えていた大きな十字架。

ここへも立ち寄ることにした。

Christ the King

Christ the King

近くに来て見ると、意外と小さいんだな。

ん・・・あれっ?

 

ヒンバ族また現る!

ヒンバ族また現る!

また、ヒンバ族が現れた!

本来はナミビアにいる部族じゃないの?

出稼ぎに来てるんかな。

俺らもね、限られた資金で旅してるからご理解ください。

 

素晴らしい眺望

素晴らしい眺望

高いだけあって、こちらも見晴らしが良いね。

街全体が見渡せる。

ノーマネーw

ノーマネーw

俺がダメだと、タケヤンにせびりにいく女性達。

食べてたクッキーを頂戴とせがむので渋々あげるタケヤン。

俺は途中で買ったコーラを飲ませろと言われた。

飲みかけでも全然カンケーないんだねw

グビグビ飲み干した。

ここも早々に退散した。

どこ行っても、ゆっくりすることができない。

seera da leba

ワインディングが楽しめるとテンション高めのタケヤン。

serra da leda

serra da leda

ちょうど向かいの休憩所から撮影してみた。

動画も撮影したんだけど、編集してないのでまたアップしますね。

serra da leda2

serra da leda2

確かに楽しいウネウネ道が長いこと続いている。

ここからは別行動。

タケヤンは「ウヒョー」と言いながら尻尾振って走り去った。

 

serra da leda3

serra da leda3

いろは坂もこんな感じだよなw

色々な角度で撮影したんだけど、改めてアップしますね。

ウォールアート

ウォールアート

走っていると視界に鮮やかなウォールアートが現れた。

なかなかカッコいいぞ。

この先を進んでダートへ入り込む予定だったけど、

ワインディングが楽しいということもあり、同じ道を戻ることにした。

下り坂よりも登りの方が走ってて楽しいかもw

こんな感じで距離は短いけど楽しいツーリングになりました。

YouTube動画

 

 

 

 

 

 

アフリカ悪路の国境越え 3日目 Gブリの巣窟で朝を迎えた

悪夢のゴキブリ御殿にて目覚めた2人。

昨晩は暗くて周囲がわからなかったが、朝を迎えて状況を把握する。

周囲には何とも言えない悪臭が漂っている。

どこから匂いが発してるのか見渡すと、

一帯には地面にヤギらしき糞が巻き散らばっていた。

 

過去最低の部屋を後にする

まぁ、とにかく昨晩の部屋は過去最低だった。

超デカイGブリ大行進、床に山積している謎の糞。

ネズミ?Gブリ達のもの?

真相は突き止められていない。

昨晩はレストランもないということで、持参していたラーメンを食べることにした。

部屋の不衛生な空気の中でラーメンを作るのも嫌なので外で食べることにしたのだ。

 

教会が開いていたので、中を撮影してみた。

 

朝飯は抜きで早速、ポイントノアールへ向かうことにする。

準備してると何処からか、子供達が集まってくる。

全てのものに興味津々な様子。

本日のルート

 

 

ポイントノアールへ向けてGO

村を抜けてしばらく進むと大きな川に出た。

水面が渦を巻いているので深いのかな。

アフリカは何処へ行っても、ちっこいツバメみたいな鳥がいる。

 

悪路ゾーンを抜けたが、少しは残っていた。

写真では伝わらないのだが、小さいジェットコースターみたいな急勾配がある。

 

わざわざ急勾配を行かずに、右側から迂回した。

タケヤンとCRF250RALLYは軽さを生かしてスイスイとダートを駆け抜けていく。

なのでタケヤンが先に進んで、遅れてくる俺を何処かで待つようなサイクルが生まれる。

遅れて来た俺をタケヤンが撮影してくれた!

第三者に撮影してもらえるのは地味に嬉しい。

 

さらに先に進むと、大地にコブがいくつも出来ている。

山とは言えないので、コブと表現したけど正式名称ってあるの?

 

ガーミンにもマップスミーにも掲載されていない分岐点が出て来た。

右か左か悩むタケヤンだが、俺のマップスミーは左を直進と示している。

 

左を真っ直ぐに直進することにした。

しばらく進んで休憩した。

ここは何処らへんなんだろう。

 

地面に目を向けると、小さな蝶々が羽を開いたり閉じたりして、

色鮮やかな羽を見せてくれるので見入ってしまう。

今度はタケヤン待ちとなった。

ソニーのアクションカムの調子が悪くて撮影・録画ボタンが動作しない。

というかハウジングの問題かな、しっかりとボタンが押されてない様子。

せっかくの見所だった場所を録画できなくて残念がっていた。

 

荷物と化してヤギも括られてドナドナされている。

食べられちゃうのか?それとも飼うのか?

どちらにせよ、ヤギ達には地獄だな。

ダートゾーン終了

長い悪路走行もやっと終わることができた。

アスファルトを見つけると嬉しくなるもんだよね。

来た向に向かって記念撮影。

 

先には高速道路の料金所みたいなゲートがある。

何の為のゲートなのか不明だが、料金の支払いは不要。

 

バイクの汚れ具合

相当な悪路を通過してきたわけで、まあ汚い汚いw

高圧洗浄機で綺麗に洗車したいな。

泥が層になってるしw

 

ドロドロ…。

 

よく頑張って走りきってくれた!

 

チェーンも触ってみると、かなり高熱になっている。

油膜が切れて摩擦熱が発生してるんだろうな。

早く給油してあげよう。

 

陽気なトラックが横を通過していく。

事故ったら皆どうなるんだろ?

勢いよくみんなで飛んでいくよなw

 

分岐点にはガソリンスタンド有り

事前情報では軽油しか売っていないとあったが、

実際にはガソリンも販売されていた。

底を付き始めていたタケヤンは給油。

残り200kmあるので、俺も少しだけ給油することにした。

 

200kmほど快適なアスファルトを走りぬけてポイントノアールへ到着。

本日の宿探しをする為にもネット環境が必要というわけで、

早速SIMカードを入手することにした。

 

最高のワインディングが待っていた!

分岐点からポイントノアール迄のワインディングは最高に楽しい!

気持ちよく快走することができた。

動画を撮影したので、そちらをご視聴ください。

 

YouTube動画

残念ながらGOPROのSDカードがフルになって、

ポイントノアール迄の動画が残ってない。