快適アスファルト

快適アスファルト

早々にテントを撤収してダマラ集落へ向かうことにした。

長いアスファルトが続いて行く。

 

本日のルート

 

今日はナショナルパークから距離にして300km先にあるダマラ族に会いにいく。

道中、ダート走行が約100kmあると聞いているので気を引き締める。

 

スーパーで購入

スーパーで購入

道中にスーパーがあったのでガソリン給油も兼ねて買い出し。

これから先にはスーパーが無いから買っておかないと大変。

惣菜を購入したけど、食べきれないボリューム。

野良犬がウロウロしてたので、残りをあげようと手招きすると、

意を反して、黒人が俺にくれよと複数名寄って来た…。

まじ勘弁してw

 

小休憩

小休憩

カーブも少ないアスファルト道路は巡航速度も高く快調に進んだ。

 

小休憩2

小休憩2

タケヤンは寒くてオーバーパンツを履いたんだっけ?

あれっ、もう記憶が曖昧になってるw

 

小休憩3

小休憩3

走りやすいアスファルト。

気を抜きすぎると、スピードガンで違反切符が切られるので注意。

 

アスファルトからダートへ

アスファルトからダートへ

いよいよダート開始。

まぁ、締まっているダートなので問題なし。

 

コルゲーションの嵐

コルゲーションの嵐

時折、コルゲーション地帯があるので車体へ振動が凄まじい…。

やっぱ嫌いだな。

 

ダート走行

ダート走行

軽々とコルゲーションを乗り越えて行くCRF250RALLY。

コルゲーションへ入ると減速する俺と違って、加速するタケヤン。

いつも先に行って待っててもらったな。

 

壁画が残されている

壁画が残されている

何やら不思議な土のオブジェが置いてある土産物屋らしき場所。

興味本位で停車させる。

 

不思議な空間

不思議な空間

せっかくなので写真撮影と休憩を兼ねることにした。

 

お土産物屋なのかな?

お土産物屋なのかな?

別角度からパチリ✨

しかし閑散としてるな。

 

風化して崩れているw

風化して崩れているw

これは「象」だろうけど、ボロボロ。

素人作品だろうな、体型バランスが悪すぎるしw

それともアート作品?

 

小屋には人影はない

小屋には人影はない

誰が中にいるのか様子を伺うが誰もいない。

これらは売り物なのだろうか一切不明。

 

ダート走行も慣れたもの

ダート走行も慣れたもの

休憩を終えて、さらに先にすすむことにした。

ダマラリビングミュージアムへ到着

 

検索用「Damara Living Museum」

 

ダマラ村駐車場

ダマラ村駐車場

駐車場も完備している。

先日のヒンバ族よりもかなり観光地化されている感じがする。

到着早々にトイレに行ったが、普通の水洗トイレに驚いた。

 

神聖な山なのだろう

神聖な山なのだろう

裏山は神聖な場所なのだろうと思う。

 

タケヤンが先に受付へ

タケヤンが先に受付へ

入場料として1000円以下だった記憶がある。

これまた記憶が曖昧で申し訳ない。

 

ダマラ集落全容

ダマラ集落全容

かなり手入れが行き届いていて、不快な匂いなども一切なかった。

ここに本当に住んでいるのか不明だな。

案内役の女性はかなり英語が流暢だった。

 

案内の流れがあるみたい

案内の流れがあるみたい

右のガンガンという女性が現地語で説明をしてくれる。

不思議な舌打ち音と共に喋る。

もう何処から音が出てくるのか摩訶不思議…。

 

火付けイベント2

火付けイベント2

お次は火起こし実演タイムに突入

火付けイベント

火付けイベント

ロバとかの糞を乾燥させて火付けに使う。

 

火付けイベント3

火付けイベント3

実際に男性が火付けをすると、あっという間に種火ができた。

 

火付けイベント4

火付けイベント4

乾燥した藁に火種を移して空気を吹き込みながら炎を育て上げる。

 

火付けイベント5

火付けイベント5

しばらくフーフーしてたw

周囲もクスクスと失笑が聞こえてくる。

 

火付けイベント6

火付けイベント6

やっと火がついて会場も盛り上がる。

続いては撮影タイム。

 

絵になる親子

絵になる親子

小屋の中では装飾品が手作りで作られている。

ビーズとか器量に作るんだよね。

動物の骨だったか、石を加工しているか忘れたw

 

目がキラッキラ✨

目がキラッキラ✨

産まれた姿でハイハイしてる。

吸い込まれそうな瞳だよな。

キラキラ✨

 

ダマラ族のゲーム

ダマラ族のゲーム

バックギャモンとかその類のゲーム。

英語で説明されても理解に至らなかった。

 

ガンガンとツーショット

ガンガンとツーショット

お気に入りのガンガンとツーショット!!

なんか可愛いキャラクターなんだよね。

はじめ人間ギャートルズに居そうな感じw

見てるだけで癒された。

 

お土産物1

お土産物1

一通りガイドの説明が終えると、お土産コーナーに連れて来られた。

流石に欲しいものは無いのでその場を後にした。

 

お土産物2

お土産物2

手先が器用なんだね。

 

お土産物3

お土産物3

このぶら下がっているキーホルダーは少し欲しかった。

多分、切れると思ってやめた。

 

駐車場

駐車場

さて、駐車場に戻ってきたので次の目的地へ向かうことに。

次は世界遺産に認定されているトゥウェイフルフォンテーンへ向かう。

さらに砂利が深くなったダートを突き進む。

赤い山が美しい

赤い山が美しい

奥の岩山が赤いろに染まっていて綺麗だった。

写真だと色があまり出ないんだね。

 

トゥウェイフルフォンテーンへ到着

2007年、ナミビアで初の世界遺産に認定されたようだ。

この名前は現地語にすると「不確かな泉」というらしく、

現れては消えたりする泉から来たものだ。

遺跡全体

遺跡全体

所要20分程度のガイドツアーとなる。

 

入口前にある駐車場

入口前にある駐車場

遺跡手前には駐車場がある。

 

入口案内看板

入口案内看板

早速、受付で支払いを済ませてガイドに連れられて壁画へ向かう。

到着した時間が夕刻近かったこともあり、我々が最後のグループ。

 

コメントなし

壁画から駐車場を望む

徒歩にしてやく20分程度歩くことになる。

エンジニアブーツが傾いている癖がついたので歩きにくい。

スニーカーへ履き替えることをお勧めする。

 

壁画1

壁画1

これが原住民のサン族が紀元前1000頃に描かれたとある。

キリン、シマウマ、ライオンかな。

この下にいる尻尾の長いのがライオン。

このデザインが刺繍されたポロシャツを着てるガイド。

 

登り降りが多い

登り降りが多い

壁画が見やすいように、階段と手すりがある。

ただし、高齢者には厳しいかな。

 

時に思いを馳せるタケヤン

時に思いを馳せるタケヤン

よーく目をこらすと見えてくる壁画。

 

壁画2

壁画2

サン族がどんな気持ちで書き残したのだろうか。

こんな動物が生息していたとかそんな感じかな。

 

ガイドが説明してくれる

ガイドが説明してくれる

親切丁寧に説明をしてくれる。

 

登り降り大変

登り降り大変

先頭を歩く女性が我らのガイドさん。

急な岩場を登ることになる。

 

手で触って怒られたw

手で触って怒られたw

無意識に手で壁画に触れてしまったら、

棒で手をペシって叩かれたw

あぁ、ごめんなさい。

 

ロマンを感じるんだろうな

ロマンを感じるんだろうな

タケヤンは時を超えたロマンに浸っているようだ。

俺はそういうの無いから、無感動に見終わってしまう。

 

登るの大変

登るの大変

もう他の観光客がいないぞ!

 

受付

受付

喉が乾いたので、ここで炭酸飲料で喉を潤す。

タケヤンも同じものをオーダーするも売り切れ。

残念、タケヤンは我慢することにした。

 

歴史ボード

歴史ボード

壁には色々とサン族のことが説明されている。

さて、閉館したので今宵の宿へ向かうことにした。

とは言っても、通り過ぎて来たキャンプ場がお宿。

少し戻った場所に位置している。

撮影 竹森修

撮影 竹森修

2人で深夜に起き出して撮影タイム。

朝5時頃まで撮影したっけ。