朝を迎えたキャンプ場

朝を迎えたキャンプ場

今日も気持ちの良い朝を迎えた。

日差しが差し込むことで、体が温まってくる。

朝日を受けるテネレ

朝日を受けるテネレ

おはよう、我がテネレ!

今日もカッコいいね!!

 

朝がやってきた

朝がやってきた

キッチンへ戻るとタケヤンは早々に朝食を作り始めている。

 

朝食は暖かいスープ

朝食は暖かいスープ

体を温めるためにも、スープに即席麺を入れて朝食にした。

これから南下すればするほど、寒さが身に染みてくるのだろうか。

 

ヒンバ族の村へ向かう

ヒンバ族の村へ徒歩移動

ヒンバ族の村へ徒歩移動

入場料はキャンプ場の受付にて支払うことでガイドが案内してくれる。

記憶を辿るのだが、2500円程度の料金だった。

 

ヒンバ族の生活が垣間見れる

ヒンバ族の生活が垣間見れる

おおーっ!

早速、ヒンバ族の奥様方が朝ごはんを作っている!!

子供達も全裸でウロウロしてる。

お母さんも若いね

お母さんも若いね

確かに美人だよな。

行った際には特に何も感じなかった。

 

可愛い!

可愛い!

おはよーっ!

首飾りがイケてるね!

 

GOPROに興味津々

GOPROに興味津々

チビちゃんがGOPROに興味津々で掴んでくるw

よぉ〜可愛いのぉ。

でも、壊さないでね♪

奥のお母さんが我が子を見守る目が優しくていいね。

 

メタボン横から

メタボン横から

ガイドさんにも慣れた様子。

 

凄い髪型だよなw

凄い髪型だよなw

近くによって見てみると、凄い髪型にしてるよな。

最初は本当の髪の毛だと思っていたけど、獣の毛を使ったエクステンションだった。

そう、知らなかったんだけどヒンバ族は生涯風呂に入ることはないそうだ。

 

装飾品の一部

装飾品の一部

身につける装飾品なんだと思うけど。

装着した姿がイメージできない。

記念撮影

記念撮影

間に入り込んで記念撮影させてもらうメタボン。

 

何処にでも中国人がいる

何処にでも中国人がいる

でかい声で近寄ってくる集団がいた。

アフリカにもかなりの中国人がやってきてる。

 

メタボンスナップ

メタボンスナップ

どんどん奥に突き進むメタボン。

 

藁葺き小屋に潜入

古屋の内部

古屋の内部

中央に大黒柱で支えられている。

黒光していて硬い木材のようだ。

 

天井の骨組み

天井の骨組み

上を見上げると、藁葺き屋根は細い骨組みで支えられていた。

 

壁には生活必需品が掛かる

壁には生活必需品が掛かる

壁には各種、生活必需品が掛けられている。

これは見ただけでは使い道が想像できない。

 

これは何だろう?

これは何だろう?

地べたにある何か平たいもの?

結局わからずじまいだったな。

 

若いお母さん

若いお母さん

幾つかの香草を乾燥させてお香代わりに香りを立たせる。

煙で消臭してる

煙で消臭してる

この煙が体についた雑菌を抑えて、体臭を消す役割があるようだ。

確かに一度も風呂に入っていないにも関わらず体臭が一切ないのは驚き。

 

秘伝の赤土パウダー

秘伝の赤土パウダー

これが女性達の肌に塗られている秘伝のパウダー。

これも殺菌効果もあるのだろうな。

ガイドさんが手に塗ってきた。

塗りたくられたw

塗りたくられたw

 

ついでに顔にも塗ろうとなりこんな有様。

当然だがタケヤンは逃げた。

左はガイドさん

左はガイドさん

ガイドは英語を通じてヒンバ族の生活を説明してくれる。

ヒンバ族では一夫多妻制なので同じ旦那さんという人が多かった。

どうりで男性を見かけなかったわけだ。

はて、旦那さん達は一体どこに?

疑問は尽きない。

 

色々と生活を説明してくれる

色々と生活を説明してくれる

ガイドはかなり話し上手なので退屈することはない。

 

記念撮影

記念撮影

最後に記念撮影✨

 

お土産2

お土産2

外に出てみると、土産物が円形に並んでいる。

内側に入って見回ることができる。

 

おみやげ物屋

おみやげ物屋

色々と説明してくるけど、バイク旅だし荷物になるし不要。

まぁ、欲しいのがあれば買うけどねw

 

白人達も大勢やってきた

白人達も大勢やってきた

楽しい時間はあっという間。

テレビで見ていたような部族に会えたことで大満足。

次の宿泊先へ移動することにした。

 

何処だろうか?

何処だろうか?

同日のどこかのスナップ写真。

記憶を辿るんだけど記憶がない。

 

本日の宿へ移動中

本日の宿へ移動中

「Okaukuejo 105」看板横の蟻塚にてパチリ✨

本日の宿到着

宿の名前は「Eldorado」というホテル兼キャンプ場。

 

入口ゲート

入口ゲート

道路から宿泊施設は遠くて見て取ることができない。

 

ホテル側エントランス

ホテル側エントランスホテル側エントランス

奥へ進んでいくと、ホテル側のエントランスへ到着する。

宿泊料金も2,000円程度だった記憶。

国立公園が近いこともあり、金額も周辺では相場は同じ。

受付付近

受付付近

受付付近ではwifiを使うことができるが残念だけど遅い。

 

プール

プール

向かい側にはプールもあり暑い時期には良いね。

 

明るいキャンプサイト

明るいキャンプサイト

こちらがキャンプサイト。

白と芝生の緑のコントラストが美しい。

 

設営完了

設営完了

電源も確保できるキャンプ場なので一安心。

前日のキャンプ場には電源がなかったので各種充電が出来なかった。

 

日が傾いてきた

日が傾いてきた

この時間帯が1日の中で一番好きかな。

 

早々に晩飯を作る

早々に晩飯を作る

昼飯も食べてないので、早めに晩飯を作り始めたタケヤン。

互いに即席麺をアレンジして調理している。

 

夜がやってきた

夜がやってきた

あっという間に夜がやってきた。

いよいよ明日はナショナルパークで野生動物が待っている。

実はバイクでは入場することが出来ないので、入口でツアーに参加予定。

次回ブログ更新もお楽しみに♪