宿泊した宿が快適ということもあって連泊した。

その翌日、近場にツーリングスポットがあるので出かけることになった。

空荷でテネレもご機嫌

空荷でテネレもご機嫌

駐車場のスタッフにパニアケースを預けることができた。

久しぶりの空荷で少し喜んでいるように見える愛車のテネレ。

宿の駐車場にて準備

宿の駐車場にて準備

 

標高が高いこともあり、エンジンスタートに気を使うタケヤン。

 

TUNDAVALA GAP

谷底まで1kmあるというツンダバラギャップへ向かった。

 

早速到着

早速到着

ホテルから40分程度で到着。

ヒンバ族登場

ヒンバ族が現れた

ヒンバ族が現れた

どこに隠れていたのかヒンバ族の子供達が集まってきた。

足取りの元へ目を向けると親がこちらを見守っている。

泥を頭に塗りたくっているのがテカテカに光ってるぞw

お金ちょーだいって・・・。

 

ヒンバ族まとわりつく

ヒンバ族まとわりつく

俺がダメだと知ると、タケヤンに集中攻撃w

アフリカの観光地はつきまとわれて大変。

ヒンバ族2

ヒンバ族2

この後、ずーっと後をついてくるので撮影に集中できない・・・。

それにしてもスゲー髪型だよなw

誰がはじめにやったんだろう?

ヘアトリートメント?

高所恐怖症には辛い

高所恐怖症には辛い

早速、谷底が見える場所まで歩いてきた。

ここから見ても高いことは見て伺える。

 

谷底を見て股間が騒つく

谷底を見て股間が騒つく

谷底を見て、「ウヒョー」と声にするタケヤンw

まとわりつかれるので、早々に退散した。

 

途中に貯水池があった

途中に貯水池があった

道中には貯水池らしき綺麗な水面を見ることができた。

 

Christ the King

宿からも見えていた大きな十字架。

ここへも立ち寄ることにした。

Christ the King

Christ the King

近くに来て見ると、意外と小さいんだな。

ん・・・あれっ?

 

ヒンバ族また現る!

ヒンバ族また現る!

また、ヒンバ族が現れた!

本来はナミビアにいる部族じゃないの?

出稼ぎに来てるんかな。

俺らもね、限られた資金で旅してるからご理解ください。

 

素晴らしい眺望

素晴らしい眺望

高いだけあって、こちらも見晴らしが良いね。

街全体が見渡せる。

ノーマネーw

ノーマネーw

俺がダメだと、タケヤンにせびりにいく女性達。

食べてたクッキーを頂戴とせがむので渋々あげるタケヤン。

俺は途中で買ったコーラを飲ませろと言われた。

飲みかけでも全然カンケーないんだねw

グビグビ飲み干した。

ここも早々に退散した。

どこ行っても、ゆっくりすることができない。

seera da leba

ワインディングが楽しめるとテンション高めのタケヤン。

serra da leda

serra da leda

ちょうど向かいの休憩所から撮影してみた。

動画も撮影したんだけど、編集してないのでまたアップしますね。

serra da leda2

serra da leda2

確かに楽しいウネウネ道が長いこと続いている。

ここからは別行動。

タケヤンは「ウヒョー」と言いながら尻尾振って走り去った。

 

serra da leda3

serra da leda3

いろは坂もこんな感じだよなw

色々な角度で撮影したんだけど、改めてアップしますね。

ウォールアート

ウォールアート

走っていると視界に鮮やかなウォールアートが現れた。

なかなかカッコいいぞ。

この先を進んでダートへ入り込む予定だったけど、

ワインディングが楽しいということもあり、同じ道を戻ることにした。

下り坂よりも登りの方が走ってて楽しいかもw

こんな感じで距離は短いけど楽しいツーリングになりました。

YouTube動画