無事にセネガルからギニアへ入国することができた。本日は国境から1番近い街となるクンダラへ宿泊することにした。

HÔTEL DE VILLE

正面玄関入口

残念ながらギニアの多くの宿は昼間は電気が通っていないことが多くあるようだ。そうなると当然、Wi-Fiを利用することができないことが多い。

別記事で触れるが、オランジェという大手通信会社のSIMカードを購入してネット環境を整える必要が出てくる。

電気が利用できるのが夜7時を迎えてから供給されるようになる。それまで部屋の扇風機も自由に使えない。

中へ進むと、通路にレセプションが出てくる。

左の男性がシェフ(ボス)。英語を話すことができるので値段交渉にはとても助かる。

少し変わった作りで建物が円錐形となっているのだ。

個室部屋

基本的に1人一部屋の作りになっている。今回は無理をいって2人利用にしてもらった。

個室部屋前ドア

宿泊料金

一部屋 1泊 100,000FG(ギニアフラン)

日本円換算 1,200円程度

タケヤンは前日、蚊に刺されたこともありホテルの部屋の中にテントを張ることにした。

ベットには蚊帳が付いているので蚊に刺される心配が少なくなる。アフリカでの宿探しでは重要なポイントだ。

トイレ・バス周り

とても褒められる設備ではない。トイレの便座が壁に近すぎないかw

ツッコミどころ満載のホテルだ。

駐車場スペース

ありがたいことにホテルのロビーの中へ入れることができた。安心して寝ることができる。

Wi-Fi速度

残念ながら利用不可

場所