我が愛車を工場入りして早くも10日が経過した。

パーツの到着待ちもあったが、当初の整備項目から幾つか増えた部分もでてきた。それだけバイクにはストレスを与えていたんだろう。

ラジエターの修理が必要になった

イタリアのジェノバでクーラント液漏れを起こして急遽YAMAHAディーラーへ駆け込んで修理を依頼したのだが、その時の修理がホセさん曰く応急処置的なものだったようだ。

ラジエターからのクーラント液漏れを、微粒子液体で塞いだようだ。小さい穴に粒子が入り込むことで塞ぐ仕組み。しかしそれが仇となりウオーターポンプの故障に繋がってしまったみたい。

ラジエターを外して業者へ修理依頼している。

中に入り込んでいる粒子を綺麗に清掃して、ラジエターの穴を塞ぐ。その後、圧力をかけて漏れがないことを確認した後に塗装を施して完了。大掛かりな作業となってしまった。

タンクが大きくてカッコいいなw。

ホセさんはホイールやブレーキペダルなど、必要なところは清掃までしてピカピカにしてくれている。

交換済み部品

ハブとステムのベアリング全てを交換することにした。フロントフォークのオイルとシール交換。ダンパーも崩れてたのえ交換。チェーンガードって名前でいいのかわからないが、チェーンが接触する部分のプラスチック樹脂も削れていたので新調することにした。

エアクリーナーも新調済み。装着されていたものは清掃して予備パーツとして持参することにした。

ヘッドライトのフロントグリルが干渉していたみたいで、ライトが削られてしまっていた。気に入ってたので、少し残念だ。

12月21日あたりに完成予定なので、試走兼ねて近場へツーリングしにいくことにしました。