アウシュビッツ強制収容所へ向かう当日を迎えた。事前の予習も含めて準備万端。

前日ファン君が急遽合流したことで就寝が深夜になった。

翌朝、寝坊して10時に起床した。

が、相変わらずロングスリーパーのファンは寝息を立てている。

さっさと朝食を済ませて、待つこと2時間半。

ファンが目覚めて目をこすりながらやってきた。

昨晩はロクなものを食べてないので、近くのレストランへ連れて行く。

プラハ出会ったフィンランド人におすすめれたレストラン。

彼らはクラクフに3年住んでいたこともあり色々と情報をくれた。

ここは中でもオススメのお店。ゲストハウスからも徒歩5分程度。

受付の衣装も女の子もかわいいぞ。

料理を見ながら指差しで注文することも可能。伝統的ポーランド料理が食べられる。

先にお会計を済ませて食事をするシステム。

食事を終えて、ゲストハウスに戻ると2時半近くになっていた。

急いでゲストハウスへ戻り出発準備を整え終えたのが3時半近く。

出発するも渋滞にハマり、到着まで1時間15分かかる見込み。

閉館するか心配になる。

5時に到着

綺麗な夕焼けだぁ〜

そんな余裕はない!早くいかないとしまっちゃう!

急いでエントランスへ向かう。季節のスケジュール表を確認すると閉館は18:30。だが・・・。

閉館してるじゃん!

アウシュビッツへ到着するも閉館という間抜けな二人。

後日改めて再訪することにした。