メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

Month: 9月 2018 (page 1 of 3)

【ブルガリア編】10 Coins hostel 評価7.6 booking.com

ブルガリアへ入国して2日目の宿。

前日は野営していたので、シャワーを浴びたくてゲストハウスを予約した。いつものブッキングドットコム で予約。決めてはバイカーたちの写真が多数あったこともあり、安心できる駐車場があると思ったから。

費用

1人 10レフ(日本円換算:700円程度)

玄関先でブザーを鳴らすと、「1分おまちください」と書かれている。

しばらく待つと受付の女性が現れて、ガレージへの駐車を促された。

では、早速中へ入ってみる

玄関を開けてもらうと、中庭エントランスにでる。

世界各国の国旗がはためいている。

「ようこそ」と日本語で書かれている。シーズンオフということもありゲストハウスは閑散とした印象。

受付

スタッフの対応はイマイチな感じ。自分の仕事が終わったらそそくさと消えていく。誰も受付にはいない状態が続く。評価なりといったところだろう。

キッチン正面

キッチン内側

後ろには共有の冷蔵庫がある。

肝心のドミトリー部屋。今回はニューヨークからきている若者といっしょ。色々話せて楽しい時間を過ごした。

Wi-Fi環境

トルコ・ギリシャ に比べて非常に早い!

ここが1番の売りだったりしてw。

溜まっていた動画と画像をアップロードした。

強くオススメできるかと聞かれると疑問。

バイクの駐車場があって、Wi-Fiが早いことぐらいかな。

場所

【海外版】野営のススメ 設営はこで決まり!

以下、2018年9月29日更新

以下内容はトルコ推奨とさせてください。現在、ブルガリアに入国しましたがガソリンスタンドでのテント泊は断られる事があります。ロシア・モンゴルに関しては大丈夫だと思いますが、滞在コストも500円程度からあるので大自然での野営以外は宿への宿泊をお勧めします。


ガソリンスタンドで決まり

ズバリ、ガソリンスタンドです。最高の野営場所になる可能性を充分に秘めています。

全てのガソリンスタンドが適しているわけではないですが、幾つかの条件をクリアしてます。

誰かしら人がいる場所

24時間体制でスタッフが常駐しているスタンドを選ぼう。

芝生が生えている

自分が寝る場所なのでよく吟味しよう。幹線道路の入り口付近は事故を考慮して避けるほうがいい。シェル石油は比較的広い芝生があることが多いので参考にしてほしい。

明るい場所

ガソリンスタンドは夜間でも明るい。ヘッドライトを使わずに色々と準備ができる。

バイクが安全に駐車できる

テントの横にバイクがあると安心感がある。

買い物ができる

支払いカウンターには必要となる水やスナックがいつでも入手できる。

携帯の電波が入る

よほどの田舎でない限り携帯は繋がる

念のために緊急発信する場面も考慮しておこう。

野犬に襲われない

ガソリンスタンドには野良犬と野良猫が多い。しかし人馴れしていることもあり襲われることはない。

お断り

これは個人的な考えであることを予めご了承ください。尚、ヨーロッパ諸国での最新情報を随時更新していきますのでチェックしてください。

又、質問などあればお気軽にどうぞ。

エーゲ海を望む港町 フェトヒエが絶景だった

※走行動画ダイジェスト

トルコで最も気に入った街となったイズミル(İzmir)だったが、ジョージアで出会ったカツキがフェトヒエに滞在していることを知り、調べてみるとヨットハーバーもあり雰囲気が良さそうなのでいってみることにした。

エーゲ海の絶景が広がる

ガソリンスタンドで休憩中、人懐っこいワンコ登場w。座ってると横に来て寄っかかってくる甘えん坊。

ここも絶景ポイントだったみたいだけど、人が多かったのでパス。

前回記事にしたEl Camino hostelへ到着した

いいでしょ♪

南国リゾートの音楽に合わせて、ビールを皆飲んでいる。

周囲に釣られてクラフトビールを注文。

これ後味がパッションフルーツっぽい。

レストランも良心的な値段なのでオススメ。

関連記事

エーゲ海を望むゲストハウス

【海外版】野営のススメ 設営場所

肝心の野営を行う場所だが、キャンプ場などを除いた場所での設営を前提として考えている。大自然での野営に関しては場所によっては危険な地域もあるので、よく考慮して実施してほしい。今回はどんな場所が適しているのか箇条書きにしてみた。

都会の中でテントは張れるのか?

周囲に人がいることで得られる安心感。近くのスーパーで買い物もできるし便利と考えていたが、逆にリスクとなる場面が多かった。

  • 酔っ払いとのトラブル
  • いたずら&喧嘩
  • 交通事故
  • 職務質問

都会から少し離れた場所

少し離れた場所というのは、町外れの公園や広場などを指す。夜になれば人も居なくなって静かになるのではと設営してはみたものの大失敗。野良犬に囲まれ追い掛けられたw。実はこのゾーンは野犬エリアとなっていることが多いので避けるべき。

野営する際には野犬に注意

街中で共存している野良犬。日中はおとなしくしているが、夜になると一変するので注意が必要。

野営に適している場所

  • 誰かしら人がいる場所
  • 芝生が生えている
  • 明るい場所
  • バイクが安全に駐車できる
  • 買い物ができる
  • 携帯の電波が入る
  • 野犬に襲われない

さて、条件をクリアするそんな場所があるんでしょうか?

あるんですね!

次回は全ての条件を満たせる場所を公開します

たった1日のギリシャ滞在 w

トルコ側入国ゲート

トルコ側入国ゲート

楽しかったトルコ滞在を終えて、ギリシャへ入国することにした。

ギリシャ側で入国拒否された

ハッピーライダー さんのところで加入したグリーンカード。印刷して使用することができるとレクチャーを受けてトライしてみたけど、入国ゲートの警察が難色を示した。原本じゃないと入国許可は出せないとのこと。

困った。何を聞いてもそれ以上は警察は取り合ってくれない。最後には警察はカスタムへ行けと。

カスタムに行くと、これは警察側のことだからと関われないと、たらい回しにされてしまった。

うーむ、困った。

トルコのSIMカードの電波も弱くなっているので翻訳機能も働かない。

入国ゲートで今後の動きを考えていた。

最悪、トルコに戻って宿を確保して原本を送ってもらおうかなとか。

すると警察のお偉いさんが通りかかったので、事情を説明した。

ここで待ってろという強い言葉に従うと、無事に通過できるようにしてくれた。

ラッキーー!!

但し、今後は原本を持って来るようにと念を押されてしまった。

原本はスペインにあるぞ。

宿探し

夕方の4時に入国したので、陽も傾いて来ているので今夜の寝床を探すことにした。

トルコ側でいくつか候補に入れていたキャンプ場。

Kryoneri CAMPING

キャンプ入口ゲート

キャンプ入口ゲート

シーズンオフだから閑散としてる。到着した際に誰もいなくて焦った。

全体画像

全体画像

奥の建物がバス・トイレとキッチンが利用できる。暖かければいいのだが・・・。

 

軒下へテントを張った

軒下へテントを張った

あまりの強風の為に、オーナーがレストランの軒下にテントを張ってもいいよと言ってくれた。

 

ギリシャはネット回線が遅いかも!?

キャンプ場のネット回線を借りてブログ更新してるんだけど、全然画像がアップロードできない。

値段

料金表

料金表

大人1人 4ユーロ

テント 3ユーロ

バイク 1.5ユーロ

合計 8.5ユーロ(1,120円)

場所

 

 

さて、これから出発の準備をしてブルガリアへ入国するよ!

本日の気温11度。近くの山では2度だって。

こりゃ冬だわな。

どうかグリーンカード突っ込まれませんように・・・

【海外版】野営のススメ 利点と欠点

野営するにも利点と欠点がある。当然キャンプ場ではないので利用料金に関しては無料。

それぞれについて挙げてみた。

利点

  • 宿代の負担がない。
  • テントの中に入れば1人になれる。
  • 場所によるがバイクが近くにあり安心感がある。

欠点

  • 設営と撤収が面倒
  • 雨降りに弱い
  • トイレが面倒な場面がある

野営する際には野犬に注意

街中で共存している野良犬。日中はおとなしくしているが、夜になると一変するので注意が必要。

【海外版】野営のススメ

ヨーロッパ諸国目前にきて、野営回数がグンと増えてきた。特にトルコに入ってから急増している。理由は色々あると思うけど、3ヶ月目を迎えて旅に慣れてきていること、トルコが他国に比べて環境がよいのだと思う。

なぜ野営するの?

当然、宿代を浮かすために他ならない。ロシアやジョージアなど通過してきた国々では安いと4ドル程度からゲストハウスが利用できていた。

テントをだして設営して過ごす負担よりも、4ドルだして寝れるならコスパは非常に良いといえる。

ヨーロッパ諸国は高い!

ヨーロッパ諸国に入ると同じゲストハウスでも20ドル程度に跳ね上がってくると予想してる。今までの倍以上となってくるようだ。金銭的負担を低減したい気持ちと安全を担保したいという矛盾に頭を悩ませる。

複数回に分け「海外野営のススメ」を投稿予定。

  1. 利点と欠点
  2. 設営場所について

前後タイヤ交換時期を迎えた

先日もフェイスブックで紹介したトルコのテネレのりグループには色々とお世話になっている。

そろそろ後輪のタイヤ交換をしなければならないので良いバイクショップを教えてほしいと聞いてみると色々と返信が帰ってきた。嬉しい限り。

İzmirへ舞い戻る訳

エーゲ海沿いのフェトヒエという港町にいたこともあり、İzmirへ舞い戻る経路になってしまった。当初、イスタンブールで交換できるところはないか聞いてみると、同じタイヤ交換でも9000円程度違ってくることもあり、İzmirへもどった次第。イスタンブールはやっぱ全体的に高い印象をもってる。

走行距離 7000km程度、モンゴルの悪路を走破してくれたタイヤ。ここまで減ってくるとアスファルトでもカーブの際に横滑りし始めていたので交換した。安全第一だからね。

選んだタイヤ

アナーキーワイルドの在庫がなかったので、同じKAROO3でお願いしていた。しばらくするとオーナーが今後のルートを聞いてきた。スペインまではアスファルトが多いいので別の良いタイヤがあるよと提案された。

HEIDNAU

同じXT660Z乗りが40,000kmという脅威のロングライフタイヤとおススメなんだそうだ。これならばスペインのハッピーライダーで後輪交換だけでアフリカ大陸入りできそう。

ブロックの高さがとても高いので期待出来そう。オフロード50:オンロード50の配分なので、アナーキーワイルドに配分がにているな。見た目はやはりアナーキーがカッコいいかな。後は走ってみてかな。

見た目は大丈夫でもプロは見逃さない

フロントタイヤに関しては出発してから一度も変えていない。おおよそ2万キロを超えて頑張ってくれていた。ブロックもまだまだあるしスペインで交換しようと考えていた。

スタッフから偏摩耗してるから交換時期だよと指摘された。前後交換することにした。

これから物価が高くなるので、いま交換して置いてラッキーだったかな。

お会計

前後タイヤ交換、チェーンアジャスト、タイヤ廃棄含めて 15,000リラ(日本円換算 27,000円)

こんな見た目になった。皮むき100kmはゆっくりと走ろう。

場所

トルコの人々が大好きになった!

今日はタイヤとエンジンオイルの交換と動き回った。タイヤも新品・エンジンオイルも交換したので、汚れた車体が気になってきた。バイクショップの向かいには洗車サービスがある。ジョージアで感動したのでお願いすることにした。

値段は20リラ(370円程度 2018年9月現在)

彼の名前はミディエ。イスラム教を信仰する非常に笑顔の絶えない店のオーナー。

洗車のプロフェッショナル!

ジョージアで洗車してホーンが鳴らなくなった経緯もあり、今回はしっかりと水に触れて欲しくない部分に関して説明した。すると、ビニール袋で全て覆ってくれて最終確認までしてくれた。

こんな感じでブシューッって泡だらけになる。

しばらく放置すると汚れが溶けてポタポタとしたに落ちてくる。しっかりと業務用のケルヒャーっぽい水圧洗浄を行なってくれた。洗い流したかなとおもった後に更に泡まみれに!ジョージアでは一回こっきりだったので、随分と入念にやってくれている。

合計3回も泡を吹きかけ、必要なところはスポンジを使って手作業で汚れを落としてくれた。作業時間にして40分程度。最後はエアーガンで水気を吹き飛ばし、タオルで拭きあげて完了。

お金は要らない!?

支払いをしようと財布を取り出したら、身振り手振りで拒否してくる。グーグル翻訳で意図を組汲んでみると、彼は私がアフリカに行くことを知ったので、アフリカの子供達にお菓子をかってあげてほしい。それが私の望みですと口にされた。本当に感動した!!はい約束なので実現します!

こんなに幸せな気持ちにさせてれた彼に感謝!!

店舗の名前

場所

指定した地点

Çınarlı Mahallesi, 1583/4. Sk. No:9, 35170 Konak/İzmirの付近

>>地図

評価9.1 booking.com エーゲ海を望む絶景ゲストハウス

※レストランから空撮をしてみた

港町フェティエ

ジョージアで出会った日本人のカツキ君に連絡をとって合流することにした。場所はフェティエというトルコの港町。港町に到着してみるとヨットハーバーが目を魅きつける。トルコやロシアのお金持ちがバカンスにくるようだ。

El Camino hostel

肝心のゲストハウスだが店構えがレストラン&パブという作りだったので、不安になり受付に聞いてみた。

最初、PUBしか目に入らなかった。受付に聞いてみるとドミトリー式のゲストハウスだった。

絶景が待っている

ゲストハウス入口

そとからも絶景であることは見てわかる。

入口のメニュー。料金設定も良心的。

受付

おっ絶景なり!!

宿泊代金には朝食が含まれている

1人 ドミトリー 50ラリ 900円程

簡単な朝食だが十分。

Older posts