幹線道路でヘルメットのシェードを上げて走行中、サングラスにアブがクリーンヒットした。速度も120kmほどだったので木っ端微塵。外に流れ出てくれればラッキーだったが、運悪く残骸が口にの中に飛び込んできた。咄嗟に吐き出すが、ヘルメットの中に残骸を撒き散らしただけ…。アブの体液が口に広がり、カメムシの臭いがパナい!

前後に長距離トラックに挟まれてることもあり、口を一切動かさずに封じ込め作戦でやり過ごした。カフェの大きな駐車場を見つけて停車、大量の水で口をすすぐが一向にカメムシ臭が消えた気がしない。嫌な思いをした一件でした 笑。

食事中だったら、申し訳ない。