親日家の多いロシア人

当然例外もあるが、基本的にロシア人は親日家が多く、細やかな配慮に感動することが多かった。一方で、滞在中にトラブルに発展する可能性を感じたことを書き残します。

トラブルへ発展する可能性も

若者達との触れ合いかたには注意したほうがいいってこと。どんな農村地帯に行こうが、大なり小なり素行の悪い人は必ずいる。小は大を引っ張ってくる。

先日、ブログでも紹介した農村の1枚。のどかな風景に癒されるでしょ?。最初、ここにテントを張ろうと考えていたけど、張らなくてよかった。溜まり場になってたからだ。

実はテントを張った後に、牛やヤギを眺めながら食事しようと野原に向かうと、酒瓶が大量に壁や遊具に投げつけられて粉々になっていた。草むらだったから遠くから見てわからなかったのだ。あれっ、大丈夫かなと不安がよぎる。周囲には誰もいないし支度を始めた。

料理をはじめると、どこで見てたのか若者数名が現れた。見慣れない外人に興味本位で話しかけてくる。年齢は16、17歳、顔にあどけなさが抜けてない。片手にヴォッカを隠し持っている。日本人で東京から来たと言うととても盛り上がる。その人だかりを見て別の若者がさらに集まってきた。最初に話しかけて来たのが、悪ぶってる子供。後から集まったのが素行の悪い少年達が8人。酒も入って、年下をいびり出す。面倒に巻き込まれるのはごめんなんで、早めに退散した。

無用なトラブルを避ける為に

16歳〜20台前半で酔っ払ってる男性グループとは少し距離を置いた方がいい。酒が入ると矛先が何処へ向かうかわからないぞ。

Enjoy your trip!

関連記事

ロシア邦人殺人事件について