ん!?

宿の前に、なにやら楽しそうな車が停車しているではないか!!

でっかいシーシャも置いてある。スゲー親近感が湧いてくる。

周囲に乗り手がいないので観察タイム。

なんかスゲーボロいぞ。吹き飛んだっぽい。ガムテ補強。

後方ドアのとってがないので、開かないのだろう。後方からの盗難は心配ないね 笑

マジで、どうやって後部座席に乗り込むんだろ?

破損しまくり♪

すると乗り手たちが近寄ってきた。

超がつくノリの良いひとたち。

車を見ればわかるけどね♪

うぇーい♪と、記念に1枚パチリ。

左がアナトリ、中央がアレクセイ、女性がアレクセイの彼女。

これからバイカル湖へ向けて出発するようだ。大量のキャンプ用品が積載されていた。

後方ドアはどうやって開くのか聞くと、こうやって足も使いながら開けるんだぜと見せてくれた。

皆で爆笑。こういう笑いってのも世界共通なんだろな。

彼は32歳のプログラマーで、場所に縛られずに生きていけると悠々自適生活をしてる。

ちと、羨ましいぞ。そんな技術持ってないもんな俺。

自分たちで作成したステッカー。色々と活動しているみたい。インスタ交換したら、アレクセイのフォロワー2万人超えてて驚いた。