【ロシア編】チタ→ウランウデ ダイジェスト版

いやいや、チタも居心地がよくて長居してしまった。ゲストハウスのオーナーセルゲイ夫妻がとても明るく気さくな方達だったので、毎晩深夜まで話をしたりTVサッカーゲームをしたりと過ごした。チタに宿泊するなら、likes hostelを選んで間違いない。

カフェ バヤンゴル

さて、ウランウデへむけて出発したが、昼飯を食べるならと絶対食べた方がよいとセルゲイからおすすめされたカフェがあったので立ち寄って見た。バイクで15分程度の距離。

超おすすめの「ブーズィー」という見た目は小籠包だが肝心の味はピロシキの中身と一緒かな。

他店と違うのが、ひき肉ではなく包丁で刻んだ肉を利用しているので食感がゴロッとしてる。又、中から出てくる肉汁といい間違いなく絶品。

これはロシアで気に入った料理の1つで、名前は「コリアン」という。何故、韓国という名前かは誰にきいても由来がわからない。少しニンニクと香り高い油が混ざって日本人なら誰も好きになる味。

メニューも写真と値段が記載されているので、日本人でも安心。

バヤン・ゴル

ул. Трактовая, 23, Угдан, Zabaykalsky Krai,ロシア 672512

+7 924 507-89-57

>>地図

昼飯を済ませて、再スタート。

今日も朝から牛と出会う。もうお馴染みの光景になってきた。

道中で絶景に出会ったのでパチリ。

奥の湖面がキラキラして綺麗。

ウランウデ方面でパチリ。

本日はウランウデ手前、250km地点で宿泊となった。カフェにテントをお願いしたが、2回ともに断られて、ガステニィーツァに宿泊となった。

>>当日ルート