前回投稿の雨の中、バスで向かっていたのがMCの倉庫。

※MC:Motor cycle club 略

待ち合わせ場所はゲストハウスからバスで25分程度の距離だった。

約束した敷地内に入ると、人影がなく閑散としていた。

本当にここであっているのか不安になった。

一箇所、扉が開いている倉庫があったので訪ねてみた。

幸い、ガンツ氏は地元でも有名なようですぐに案内してくれた。

現役ロシア軍人

野生の熊を蹴散らせる動画をみせてくれた。

熊出ても追いかければ、逃げるから大丈夫とアドバイスされた。

本当かぁ??

スズキイントルーダー乗り

日本のバイクと車は世界一と語る

気の良い、酔っ払いのおっさん 笑

朝起きたら、ヴォッカを飲むと豪語している。

ウェイクアップ!ヴォッカ、ヴォッカと連呼!

飲兵衛さんほどほどにね。。。

で、早速イントルーダー乗りの彼に案内してもらった。

ガンツ氏登場

気さくで、優しい人柄が顔ににじみ出ている。

親日家で日本製の所有物を自慢げに見せてくれた。

手土産持参

手土産に何か持参しようと、手頃な酒を選んだ。

酒屋のスタッフがいちおしするロシア製のヴォッカ。

1本400ルーブル(日本円換算 700円程)

ガンツ氏も良い酒だと、とても喜んでくれた。

外観からは想像できない

倉庫に入ると、倉庫の外観からは想像できない空間が広がっていた。

入口を入ると、皆で盛り上がれる大広間があって、

更に奥に行くとバイク整備専用の空間が広がる。

戻って大広間の左側にはガンツ氏のお宝が眠っている。

又、地下には宿泊設備とサウナ・風呂が完備されてる。

秘蔵コレクション

実はブログに記載できないものが幾つもあるが割愛する。

好きな人には解る象徴が描かれている当時の皿

皿2枚目

折りたたみフォーク

彼の自慢のベルト 1942年製

クランクデビルのwebサイトを見せたら食いついてきた 笑

ユーモアを理解してくれて、こっちも嬉しくなる。

彼もメンバーの1人。

HONDAのX4を所有している。

彼も超がつく親日家だった。

楽しい時間はあっという間

ガンツ氏から、明日飲もうとお誘いいただいた!

続きは明日に持ち越しとなった。