メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

アルコールバーナー燃料入手

———————————————

2018年6月8日(金)更新

40パーセントがベンジンでした。

使って大丈夫かな

———————————————

先日散策していたら、スーパーで焚き火の燃焼材らしきサラサラした液体を見つけた。

おっ、アルコール燃料じゃないの!と喜んだが、店員に原料を聞いても誰もわからなかった。ロシア語よめないし、スマホで探そうにもロシア語入力方法が不明。

値段も43ルーブルとメチャ安だったので購入してみた。

43ルーブル 日本円換算 76円

燃焼実験

早速、謎の燃料を入れて燃焼実験をしてみた。もしかしたら点火もしないかもと不安だったが無事点火。点火段階ではアルコール燃料よりも若干火力が弱い印象をもったが、加熱とともに火力も次第に強くなった。

香港で購入した消毒剤では水の沸騰までいかなかったので、心配になり水を沸かしてみた。

風防がないと沸騰まで到達しないが、風防を加えることで、しっかりと沸騰することが確認できた。

これで安心してトランギアが使える♪

2 Comments

  1. ロシア語の入力方法がわからないとの事ですが、Google翻訳アプリのカメラ機能を使うといいと思います。

    ご存知かも知れませんが使い方は
    1 Google翻訳アプリのカメラのボタンを押す
    2 翻訳したい文章を撮影する(文字を認識した部分が枠で囲われます)
    3 翻訳した文章を指でなぞる(枠の色が青に変わる)
    4矢印ボタンを押す 以上です

    • metabon1975

      2018年6月15日 at 8:26 AM

      タケさん、返信が遅れました。試して見たのですが、なかなか読み取れなかったんです。ボトルが湾曲してるからかもしれないですね。アドバイスありがとうございました😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。