ゲストハウスから徒歩で15分程度の場所にある食品市場。

正式名称があるとはおもうが、ググっても探し出せない。

グーグルマップ情報があるので、そちらを参考にして欲しい。

場所

中央食品市場

Ulitsa L’va Tolstogo, 19, Khabarovsk, Khabarovskiy kray,ロシア 680000

+7 421 276-43-55

>>地図

※クリックすると地図が開きます

タイを連想する店構え

子供向けのおもちゃ屋

日曜大工から釣り具、自転車まで取り扱っている。

食料品売り場

建物内へ入ると今度は食料品がところ狭しと並んでいる。

特に海産物が多くの面積をしめてる印象かな。

燻製された魚や、帆立、見たことない海産物まである。

日本でもお馴染み「イクラ」がどこの店でも並んでいる。

これは、メタボンの大好物でもある。

そうそう、ロシア語では魚の卵は全てイクラって呼ぶ。

今では結構有名な話だから皆知っているよね。

3000ルーブルから5000ルーブルという価格差は品質の差かな?

多分、1kg単位での販売価格とおもうが、

結構なお値段だな。

小分けて買えるならと淡い期待を持ったが違うみたい。

5000ルーブルって、日本円換算で9800円。

逆に、1kgだから意外と安いのか?

相場が全然わからないや 笑

日本でも「特」という字が多く箱に書いてあると、高級だった記憶がある。

こっちでは香辛料が沢山ならんでる。

この風景はタイでもお馴染みだな。

なんかね、ウロウロしてるとタイを連想しちゃうんだよな。

続いては果物売り場。

街中のスーパーよりも鮮度が良いことは 見てわかる。

続いて、人混みに足をむけると。

なんだろか?

卵専門店だった。

雑多な品揃え

ロシアで売っているかわからず持参した品々。

特段、入手に困ることは一切無いと思う。

日本で電池やら虫除けやら買ったけどね。

安いし重いしロシアで買えばいいよ。

防水スプレーもしっかり販売されてた。

スマホ関連の商品もあるので安心んだ。

Lightningなどのケーブル類がここで買える。