東京検疫所

東京検疫所

先日、東京検疫所へ黄熱病の予約を入れるために電話した。

すると受付の女性から矢継ぎ早に質問が飛んできた。

 

女性:いつ出発するのですか??

メタボン:5月下旬です(ロシアだけどね・・言わない)

女性:生年月日を教えてください

メタボン:昭和5011月です(なぜ聞く?)

女性:ヨーロッパ諸国で麻疹が流行してます。

女性:母子手帳で摂取されてるか確認ください。

メタボン:え!?(想定外)

メタボン:それは必要な予防接種ですか?

女性:昭和50年の男性は摂取している方といない方がいます。

女性:摂取してないようであればMR(混合ワクチン)を推奨します

メタボン:確認します(母子手帳なんてもうないだろ・・)

女性:あっ、黄熱病を摂取する予定なら4週間空ける必要があるのでご注意ください。

メタボン:はい(やばい!出発に間に合うのか!?)

 

流石に数十年前の母子手帳なんてもう無いだろうと半ば諦めてた。

が、

母子手帳

母子手帳

あった!

ハハボンに確認すると無事に出てきた。

で、予防接種していなかったことが判明。

急遽、MRを摂取することになった。

ついでに腸チフスもワンショット!

母子手帳に摂取情報追加

母子手帳に摂取情報追加

うかつにも、黄色いカードを忘れてきてしまった。

数十年の時を経て、母子手帳に新しく摂取記録残しました(笑)

 

請求明細内訳

請求明細内訳

窓口請求額:18,000

内訳 MR 8,000円、腸チフス 10,000

 

さて、黄熱病の予約せねば!!

58日(火)あたりかな。

 

そう!、毎日黄熱病接種が受けられる診療所もあるのでご参考ください。

>>公益財団法人日本検疫衛生協会 東京診療所(東京駅八重洲口)

TABIPPO(参考サイト)