メタボンの地球ZIGZAG

ZIGZAG World Trip

月別: 2018年2月 (page 1 of 4)

Anker PowerDrive2を導入!

Anker PowerDrive

Anker PowerDrive

シガーソケットトラブル

愛車のXT660Z(テネレ)には、シガーソケットが一つ付いている。
ナビ代わりに使用しているiPhone5sへの給電するのが主な利用目的。

2ポート出力

2ポート出力

Gopro Sessionを充電

Gopro Sessionを充電

このアクセサリーは利用できません!?

運用していて少々困った現象が起こる。
正規ライトニングケーブルを使用していながら、
「このアクセサリーは利用できません」の表示が出るのだ。

ゆっくりと充電されているようだが、なんか気持ちがわるい。
でね、原因を探ってみると電圧不足が原因みたい。
そこで同様の症状で困っている人がいないかネットで検索する。
いるいる、結構いるではないか!

でね、評判の良かったUSB電源用シガーソケットをAmazonでポチった。

小さくてコンパクト&ハイパワー

小さくてコンパクト&ハイパワー

Anker購入決定!

シガーソケットは各社色々と製造されているが、有名なAnker社製。
又、Amazonでのベストセラー1位という実績が購入を後押しした。
出力ポートも2ヶ所あるので、Gopro Sessionの充電に充てるつもり。
運用して数日だが、症状は再発してないので好印象!

製品詳細

製品名:Anker PowerDrive2
製品仕様:DC12/5V/4.8A
サイズ:約65×28×28mm
重量:27g

フルスピード充電テクノロジー

PowerIQとVoltageBoostの組み合わせにより、
フルスピード充電が可能です(1ポート最大2.4A、合計最大4.8A)

Anker PowerDrive

TMAX FCR装着(SJ02J)千葉方面をふらり♪

懐かしい動画がでてきたので、QUICKを使って作成してみた。メタボン、千葉方面へ足を延ばすことが多いみたい。

愛着あるTMAX

青梅に工場を構えているM村さんから購入したTMAX。
1型TMAXをセンス良く仕上げた車両をご縁があって購入。
FCRが装着されて相当お気に入りだった。

XT660Z購入にあたり売却!

残念ながら駐車場問題でTMAXを手放すことになった。

その時は前触れなく訪れた・・

世界一周、最大の難関はハハボンだった!!

ハハボンっていうのは、母親のこと。
今年の3月でめでたく、80歳を迎える。
歩行困難・認知に不安がある。

意気地のないメタボンは世界一周を母に言い出せないでいた。

>>前回からの続き

なかなか切り出せないメタボンに痺れをきらした見えない力が作用した。
そう、その時は突然向こうからやってきたのだ。

母親の前を横切るときに、唐突に「どこへもいかないでね」と口にした。
振り返り母を見ると、少し不安と目じりに薄っすらと涙がたまっていた。

メタボンの日頃の行動から何か感づいたのかもしれない。
今考えると、バイクが変わり、パニアケースが増えて、
部屋には「32か国指差し会話帳」がある。

又、保険会社には、万が一海外で病気にかかっても、
保険料が支払われるか横耳で聞こえていたのかな。

そんな状況をつなぎ合わせて、感じ取ったのかもしれない。
とっさに今言うタイミングだと気づき、母の前でひざまずいた。

かあちゃん、不安にさせてゴメンよ。
俺もね、実は不安でいっぱいだった。

見捨てられたと思われる事が不安だった。

打ち明けることで、傷つけちゃうんじゃないか。
以前みたい心の不安定が再発するんじゃないか。
湧いてくる不安に逆らうことが出来なかった。

足腰が弱くて手を繋がないと満足に歩けない母。
更に少し認知に問題が出始めている。
そんな状況がメタボンを固く縛り付けていた。

深夜に目が覚めて寝れなくなるメタボン。
出発を控え、以前より頻繁に起こるようになってた。

そんな状態で世界一周行く気なのと非難されそう・・・。
どこか、悪いことするような気持ちになるから厄介なんだよな。

でもね、母親から頂いた命を輝かせるのも使命だし。
俺も夢叶えて幸せになりたいしね。

だから誠心誠意、精一杯伝えたよ。
何故、行くのか意味をね。

母ちゃん、愛してるよ。
そしてありがとう。

【XT660Z】ふらりと朝霞方面へ

ここ数か月、週末にはブログ記事作成や渡航準備に忙しかった。
天気もよかったので、久しぶりにバイクで出かけることにした。
よければ、最後まで見てやってください。

世界一周のテントにはテンマクデザインで決まり!

 

世界一周のテントにはテンマクデザインで決まり!

TenGerを設営してみた

TenGerを設営してみた

Tent-Mark DISGN TenGer

前々から気になっていたテントがあった。
それが今回紹介するテンゲル(TenGer)。

特徴的なロングキャノピーがバイクに装着することでテントが完成する。
バイクに繋げることで一体化するのが魅力!

発想がたまらなくそそられたのが導入に至った理由。

ロングキャノピー

見ての通り、非常に長いキャノピーはテントで連泊する時に有効だ。
雨が降っていてもある程度の居住空間を維持できるからね。雨の日の撤収も有利だね。

雨が降っても安心のロングキャノピー

雨が降っても安心のロングキャノピー

女性らしいデザインが最高!

小林友里子さんプロデュースというだけあって、
女性らしい気づかいが随所に出ていて素晴らしい!

  • テント内で着替えがしやすいように天井が高い!
  • フライシートの七色パイピングが可愛い!
  • 室内に洗濯物が干せる仕掛けがある(別途ロープ用意)

【数量限定特別価格】テンマクデザインTenGer テンゲル

7色のパイピングが可愛い

7色のパイピングが可愛い

 Webikeチャンネル「キャンプツーリング特集」tent-Mark

モンゴルで最高に映えるテンゲル!

このテントを全世界の何処で設営してみたいって聞かれたら。
間違いなくこう答える「モンゴル」でしょ!!
何故かというと、モンゴルの大自然になじむ色だし、
どことなく遊牧民のゲルに似てるから・・・。

モンゴル大草原

モンゴル大草原

テンゲル(TenGer)って造語かも!?

テント(TENT)+ゲル(GER)
頭とって「テンゲル」なんじゃないかな。

テントは文字通りのテントを意味していて、
ゲルってのはモンゴル遊牧民の移動式住居じゃない?
今度、コバユリさんに聞いてみよう。

小林夕里子(こばやし ゆりこ)さん

Tent-Mark DESIGNSTenGer

« Older posts