メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

ディアマ国境から無事入国!

さて、翌日の朝を迎えて日出と共にスタートを切った。ディアマ国境まで約35kmの道のりとなる。

しばらくオフロードを進んでいくと、水田地帯へ出た。地元民が投網を投げて生計を立てている。

水揚げされた淡水魚は開きにされて干物にされている。

素朴な生活が垣間見得てなにか得した気分。

ディアマ国境へ到着

少し手前にナショナルパークの通行料を支払うことになる。2000ウギア(新札200ウギア)。

流れ(モーリタニア側)

1. 通行料 50ウギアを支払う

2. ゲートをあげてもらい中へ進む

3. カスタムへ立ち寄り手続き10€支払う

4. 出国スタンプをもらう(賄賂10€)

5. 橋を渡る8€支払う

流れ(セネガル側)

上記画像はセネガル側からモーリタニア側を望む

1. 右側にあるパスポートコントロールへ

パスポートと国際免許を提示する。

次に指紋の登録を行う。

左側カスタムがある建物

2. 左側にあるカスタムにて手続き(2500CFA支払い 3€でも構わない)

3. コントロール裏側にある食堂へ向かう

食堂のおばさんがブラウンカードを販売してくれる。

費用:53€(3ヶ月有効)

このおばちゃんは英語も堪能なので安心。

国境ではSIMカードや闇両替がウロウロしているので、最低限必要なものだけを買うようにしよう。

セネガルのSIMカードについて

TIGOという通信会社のものを購入したがセネガル中心部でも繋がらないことがあるので問題外。結局、オレンジ(orange)へ買い換えることにした。

出国ゲートへ進み入国完了!

全ての手続を終えたらセネガル入国完了である。本日の目的地となるダカールへ向かうことにした。

モーリタニア側の悪徳警官について

出国スタンプをもらうために事務所へ向かうのだが、予想に反して超フレンドリー。終始ニコニコしているぞ。しかめっ面で圧力かけられると思い込んでたから予想外だった。

警察に促されるまま、事務所内に入ってみると先客のフランス人が1人10€を支払っている最中だった。これ見ちゃったら払わざるを得ない状況になる。

自分の番が回ってきた。すでに目の前でパスポートにスタンプを押してくれている。彼が顔を上げると、ここでは1人10€支払うことになっていると言ってきた。間髪入れずに、私はそうは思わないと英語で切り返した。すると先方も苦笑い。

だって俺現金持ってないしと、ポッケから残りの50ウギア札一枚を出した。すると、それでいいよだってwww

えっ、50ウギアって日本円にして150円だよ!?

もう使わない紙幣だし別に上げる♪

こんな感じで無事に通過することができた。

人生初のバオバブの木!

このアンバランスがとても可愛い!!

サン・ルイ付近で記念にパチリ✨

ディアマ国境へ向けてlet’s go!

数日前にモーリタニアへ無事に入国してヌアクショットのキャンプ場へお世話になった。

先を急ぐ予定もあり滞在3日目にはセネガル入りするためにこの場所を発つことにした。

丁度周囲を建物に挟まれて風は気になることがなかった。

汚れ過ぎていたGパンを選択したが、夕方だったので翌日の出発時まで濡れたままだった。

テント前にブーツとサンダルを置いておいたら、ココに住み着いている犬の親子の誰かが持ち去って、気持ちよく齧ったようだ。新しいの買わないと。

キャンプ場 地図

壊れる時は重なるもので、GoProのステーが割れた。結構丈夫に見えたんだけどね。力かけ過ぎたのかも。

ヌアクショットを後にディアマへ

さて、気合いを入れて先に進む。アスファルトでズーッといけると考えていたが甘かった。動画で残しているが、工事区間が長くフカフカの砂に何度となくフロントを取られて転倒しそうになる。

マップスミーがやってくれた

たまにバカナビをするアプリだが今回も同様に数キロ手前で右折するようにナビをしてくるが、見ての通り深い砂でしかも登り。検討むなしく転倒したw

遠くで見ていた近くのホテル主人が助けにきてくた。この時にディアマへ繋がっていないとアドバイスされるが暫くは気がつかなかった。騙そうとしてると勘違いしてしまった。

記念写真を一緒にということだったが、あまり映りたくなかったようだ。セキュリティー万全のホテルを運営していた。近くなので休憩していかないかとお誘いいただくも、先を急いでいたのでお断りした。

巨大トラック同士のすれ違いで脱輪

動画には残しているのだが、この先で熱く熱されたアスファルトが崩れている路面状況で、長距離トラックがすれ違いざまに脱輪してしまい身動きが取れない所に出くわした。結果、数時間待ち続けたが解決されない。仕方なく周囲の力を借りて超深い砂の中を助けられながらパスすることができた。

ディアマ国境に到達せず

道中のアクシデントもあり、距離が稼げずに本日は終了の運びとなった。

オフロード区間に突入して20km程度進んできたところで野営を決めた。この画像は管理事務所となっており。中の人に確認を取って外にテントを貼らせてもらえることになった。

少し微熱が続いているが、数日前の高熱はもう出なくなったので安心している。

さて、明日はいよいよディアマ国境越え!

少し緊張感を持って越えていきます。

Hotel Barbas

モロッコを南下してモーリタニア国境手前90kmまでやってきた。ブログで何度か目にしていたホテルだったので決めた。

宿泊料金

1泊 個室 100DH トイレバス別

日本円換算 1150円程

エントランス内

ステッカーベタベタが印象深い。

Wi-Fi速度

YouTube視聴に支障はない。

動画アップもできるかもね。

駐車場

エントランス内へバイクを持ち込むことができる。

場所

タールダントでローカル生活を垣間見る

【タルーダントの魅力】

外国人観光客で賑わう大都市アガディールから車で約1時間ほどの場所に位置する。

マラケッシュ旧市街と同様に周囲は高い城壁に守られていて要塞に見える。

◆大きな違いは2点

1. しつこい客引きが少ない(自称ガイド・チップ魔)

2. 現地価格で楽しめる(食事・買い物等)

モロッコ 入りして間も無く、マラケッシュの旧市街で、

客引きと自称ガイドには酷い目にあった。

タルーダント滞在時には誰一人として話しかけてはこななかったので、

心穏やかに過ごすことができたのでオススメできる。

唯一、駐車料金の料金が上乗せされたので嫌な思いをしたが、

宿泊代金の値引き交渉で相殺された。

◆言葉巧みな人には注意しよう

↓ミチヨさん談(アーモンドゲストハウス )↓

基本的に自宅へ外人を招き入れるのは非常に稀なこと。

マラケッシュやフェズの旧市街等で歩いていると、離れた場所から英語や日本語で声を掛けてこちらの反応を伺う人には注意が必要だ。

徹底無視が吉。

国籍不詳の異国人になり切ろうw

単独の観光客が気を許して後を付いていくと、飲み物や食事をもてなされ、

夜遅くなれば言葉巧みに宿泊を促される。

この頃には相手を信頼してしまい孤独感が薄れ出逢いに感謝してしまう。

問題がその後。頃合いをみてお金を請求してくることがあるので注意が必要。

一方的なサービスに対して対価を求めてくるのだ。

お金がないは今更通用しない。

基本的に相手から日本語・英語で近づいてくる輩は裏に下心がある。

くれぐれも注意されたしw

◆モロッコ人の本来の姿

不安を煽ってしまったけど、

田舎に行く程に素朴なモロッコ人の優しさに触れあうことができる。

基本は挨拶、会話の間や眼の動きを見て直感する力も旅のスキルの一つ。

相手を信頼しつつもアンテナをしっかり張り続けよう。

Bon voyage♪

HOTEL EL GHAZI 評価7.1 booking.com

外観

入口階段

シングルルーム

必要充分だな。

宿泊費用

一部屋あたり 74DH

※日本円換算 約848円程

共有キッチン

キッチンに関しては物置小屋に近いので、衛生面で不安が残る。

水道水についても飲むには抵抗があるので、ペットボトルを買った方がいいね。

自炊する客が少ないこともあり、食器類がとても少ない。

フォークがないと申し出ると、新品を買ってきてくれた。

冷蔵庫もコンセントを差し込むことで稼働する。

屋上の共有スペース

意外と広いので、洗濯物を干したりするのに重宝する。

市松模様の床って大好きなんだよな。

ガレージを持つことができたら、絶対に市松模様にしようw

駐車場

キッチンと駐車場は別料金を請求された。30DH

Booking.comの画像でも沢山のバイカーが宿泊しておりバイクガレージが利用することができる。

このガレージが決定の決めてになった。

ホテルよりもガレージの方が小綺麗なんだよなw

しっかりと施錠できるので安心して置いておける。

Wi-Fi環境

YouTubeは問題ないけど、動画アップは厳しい!

SIMカード使ってせっせとアップしてます。

場所

【モロッコ編】ハドゥ集落へ向かった 世界遺産

ゴールド氏と共にハドゥ集落へ

前日に路上で出会ったゴールド氏と意気投合して短い時間だが共に行動することになった。たった1日ではあるがペア成立である。

ペア解散

翌日は2人でハドゥ集落へ向かい、その後は別行動となった。彼からマラケッシュ方面へ向かうと誘われたが、既に通ったことのある道であること、1日でも早くセネガルへ向かう必要があったので丁重にお断りされた。

ユアンとチャーリーのバイク旅

彼がGS1200で先導してもらうと、ドキュメンタリー番組の“Long way down”が頭の中で回想してしまう。彼らもエジプトルートではあるが、ケープタウンを目指して南下するのだ。ゴールド氏と2人で駆け抜けていく荒野では彼らの旅とダブって見えてくる。

知らない人もいると思うが、ユアンとはユアンマクレガーというハリウッドスター。スターウォーズで有名だね。チャーリーも同じく俳優。2人は共演をきっかけに趣味のバイクを通じて交流を深めて俳優業を休んで夢の実現に向けて、ドキュメンタリー番組を作るべく、スポンサー探しから話は始まる。YouTubeでも視聴可能なので是非視聴してください。

↓↓↓最後まで連続視聴可能↓↓↓

Long way down (episode1)

GS1200に追い抜かれた

アーモンドゲストハウスを出発して、ワルザザートへ向かっていいる道中、後方から煌々とフォグライトを輝かせたGSが追い抜いていった。片手を上げて挨拶を交わす。ちょっと話そうぜ的な手振りを見せたので近くのガソリンスタンドへ立ち寄った。

やっぱデカいよね!

おフランス製のパーツがいくつも装着されてる。

LONE RIDERというフランスのブランド。海外走っていると、日本では見かけないアフターパーツや周辺備品がとても新鮮!因みにラリータンクバックとハンドルカバーは質問が多いね。海外でも興味あるんだよね。海外通販してみればいいのに。

ホテルにチェックイン

ブログで目星をつけていたホテルへ向かい、価格交渉を経て100DHでシングルルームと駐車場を確保した。

腹が減ったので、ワルザザートを闊歩してみた。

東南アジアでも嗅いだことある匂いが立ち込めてる。なんか色々気になってくるw

雑貨屋を通過。

店先には香辛料がたくさんw

生姜とかウコンなのかな?

わっかんねーなw

屋台飯

屋台で軽く腹ごしらえしたので、ビールを飲みに近くの外人向けレストランへGO!

店名:Chez Dimiti

世界各国から映画撮影のためにモロッコ入りした面々が手書きのサイン入りで壁に飾られてる。

デビットハッセルホフって知ってるかな?

ナイトライダーファンなら誰でも知ってるねw

超綺麗!!若い人は知らないかもね。

エリザベステーラーって有名な女優さん。

マイケルジャクソンと仲良し。

俺はマリリンモンロー派なんだよな。

この人知ってるけど名前がわからない。

マリリンモンローが子供の頃、憧れて映画館で見ていた女優さんだったはず。

モロッコ産のカサブランカで乾杯した。

冷え冷えで超うまい!!

ほろ酔い気分でパチリ✨

ゴールドさんが撮影してくれた一枚を添付。

Hôtel Baba booking.com記載なし

宿泊料金

シングルルーム 120DH(値段交渉の余地あり)

受付の男性は日本人観光客が好きなようだ。簡単な日本語なら完璧な発音で聞くことができる。

必要にして十分というお部屋。日差しもはいるので気持ちが良い。

部屋の前にある廊下も開放的で好印象。

駐車場

一階の工事中ガレージを利用させてもらえた。

場所

【モロッコ編】トドラ渓谷へ行ってきた

滞在させて頂いているアーモンドゲストハウスから、北上すること数キロ地点にトドラ渓谷がある。

綺麗な湧き水も見れるから是非行ってみてと、宿のみちよさんがアドバイスをくれた。

体調も開放に向かっていることもあり、行ってみることにした。さらに奥には有名な湖もあると聞いたのだが、往復200kmを越えるので2時間走ったら戻ろうと考えていた。

その後、ティンジルの街へ向かい、SIMカードのチャージと鶏肉の丸焼きを食べるのを最終目的に設定した。

トドラ渓谷へ到着

アーモンドゲストハウスから10分程度で到着。

中国人が沢山のった観光バスが軒並み通る。

反対側をみると、綺麗な川が流れている。

奥には黒山羊の集団が水辺に集まっている。

威圧感はないが、切り立った岩が圧巻。

川の反対側にはレストランか宿泊施設がある。

更に奥に進むと、高級レストランらしき建物がある。ホテルなのかな。それにしても立派だ。

拡大して撮影してみた。テラスにはテーブルと椅子が配置されている。あそこで食事したら気分いいだろうなと、後ろ髪引かれつつ先に進む。

山の断面が何層にも重なり合い、独特な雰囲気をかもし出している。

道中には幾つも集落がある。

ホステルが密集しているので、宿泊場所を探すのは容易だろう。

“おいでやす〜”この字は日本人が書いたんだろうな。後ろの喫茶店は既に廃業した様子。

更に奥に進んでいくと、区画化された畑がでてくる。ここではどんな作物が作られるのだろう?

2時間を過ぎたこともあり、Uターンした。

既に通り過ぎたトドラ渓谷も別視点からだと、

とても新鮮な気分に浸れる。

少し手前には駐車スペースがあり、フランスから来たキャンピングカーが数台停車していた。ヨーロッパからも人気の場所と伺える。

アーモンドゲストハウスを通り過ぎ、ティンジルへ向かう道中。眼下に広がる椰子の木が懐かしい。

何処かに似ているなと記憶をたどると、

海は無いがサムイ島のバータリンガムに似ていると気がついた。

時折、焚火をしているのか煙が立ち上っている。

みちよさんがオススメの鳥の丸焼き。

1/4サイズで20DHと格安で美味い!

【モロッコ】アーモンドゲストハウス

旅仲間の竹森君がオススメしてくれた日本人宿。

モロッコ人の旦那様と日本人の奥様が運営しているアットホームなゲストハウスだ。

個室を利用できるのでバイクから荷物を外して部屋に持ち込み。ゲストハウスを基点に周遊するのも楽しいぞ。

さて、マップスミーで到着してみると、玄関には「Amande」と赤字で書かれた看板が目立つので探すまでもない。

客室(個室)

年間通して均一料金が嬉しい。

個室 60DH(約680円程)

※2019/01/24 現在

必要にして十分というところだろう。

2人でも同額なのが嬉しいね。

共用キッチンスペース

共有スペース

朝晩と食事をお願いすることも可能。

夕食に関しては和食が50DH程。

ボリュームがかなりあるぞ!

テラス席

夏場はこのテラスで風に当たるといいかもね。

対面の山々が西日に当たると美しい風景が見られる。下の川まで降りていくことができて、現地民に混じって洗濯ができちゃうw

Wi-Fi環境

残念だが、早くはない。

YouTubeが時々コマ落ちして視聴できる程度。

駐車場スペース

車の駐車スペースは1台となる。

又バイクを駐車することができる。

事前に確認をしておこう。

場所

« Older posts