メタボンの地球ZIGZAG

Trip around the world.

メタボンの雑談

フランスのカンヌ滞在後、スペイン入りしたメタボン。ダリの故郷であるカダケスを堪能した後に、バルセロナへ入った。バルセロナといえばサクラダファミリア。旧友の建築家も一度は行ってみたいと口にしていたことをふと思い出した。

ドローン問題

人生で何度もない貴重な海外ツーリング。追尾機能を駆使して、走行動画を記録として残しておきたい気持ちもある。でも壊れたドローンが関税で350ドルは高杉だろ!

アフリカについて

当初の世界一周ルートにアフリカは入っていなかった。周囲からアフリカは是非いった方がいいという流れで行くことを決めた。理由としては滞在コストとしても負担が少ないと考えたからだ。安いし楽しいかもしれないって。

調べてみると

想像以上にお金がかかることが発覚する。宿泊費など安いところも探せばありそうだけど、安宿平均8ドル〜20ドル程を想定。あとは高速がないと思うんだけど、通行料を取るところもあるみたい。同じ道でも3ドルかかる人と、50ドル取られた人もいて正規料金が人の裁量によって変化してるのかな。国境では袖の下が必要みたいだし。一律料ってものもなさそうだ。取れる人から取るがアフリカなのかも。すれ違うライダーに聞いて料金を事前に調べないと。

仮に100ドルなら50ドルあたりから交渉しようかな。向こうは200ドルくらいふっかけてくるかもね。お互いに落としどころを探るんだろうな。正直めんどくさい。でもね、実は50ドルが平均だったってことだってある。もう運任せだな。アフリカは事前に調べても何も実態が見えてこない。疲れる。本当に楽しいのかな。

・スペイン生産のラーメンが美味い!

・壊れたドローン関税額に落ち込んだ!

・アフリカ入国前の心境

・不味いラーメンにはトムヤムペースト最強

・2018年年末について

・再度アフリカについて語る

・パニアケースって椅子になる!

13:33

走行動画(1分49秒)

田舎の葡萄畑→バレンシア宿へ到着

チャンネル登録をお願いします

海外トイレ事情

ロシアを出発してスペインのマドリードにて記事を書いている。

ロシアを出発して約半年間ユーラシアをバイクで縦断してきて、

トイレットペーパーが流せる国と流せない国があった。

そんな他国のトイレ事情について簡単に触れてみます。

衝撃的だったロシアのトイレ

太い幹線道路沿いに長距離トラックパーキングに設置されていたトイレ。

地面を四角くコンクリートを切り取ってるだけw

この画像は綺麗だから利用したんだ。

利用するのに躊躇する激しいのもが大多数。

酷いトイレにこもるより、大自然に放出した方が快適かも。

学校の校庭にあったトイレ

ロシアの農村地帯にある学校へいったときのこと、

校庭にあったトイレへ用を足しに行くと、

だだ広い空間にボコボコ穴が空いてるだけ。

しかも仕切りが無かったので驚いたw

今日暑いね〜とか会話するのかな?

マジ勘弁なんですけど・・・。

トイレットペーパーが流せないわけ

ネットで調べてみると、やはり下水管の整備が整っていないという情報が多い。

流せる国と流せない国の境目は?

ユーラシアの全土を回ってきたわけではないけれど、

個人的にはトルコ当たりが境目だった記憶。

ウクライナとか北ルートで行った人はどうだったんだろう?

流さない国から来た旅行者達

流さない習慣の人々がヨーロッパ圏に旅行にくることで、

トイレットペーパーが流れるなら、これも流れる的なノリで

とんでもない物を投げ込む人がいるっぽいw

注意書きに多いのが、「女性用整理用具」と「飲み薬のゴミ」とかね。

中には空き缶や辞書も注意書きになってて笑えた。

過去に流す人がいたってことだよね。

手動の水圧ガン

正式名称がわからないので、水圧ガンにしたけど、

手動式で水で大事なところを洗えるピストルみたいなやつを見かけた。

タイのバンコクなんかで見かけたことがある人も多いとおもう。

トルコに入国すると何処にでもついてるので便利だったな。

ハラペーニョ的な刺激が強い食べ物が多いのでお尻がヒリヒリする。

そんな時には大活躍だw

そうそうタイで見かけた和式的なものもトルコにはあるぞ。

しゃがむタイプね。

この場合には桶に水を入れて手動で流すことが多い。

有料トイレ対策

プラハに到着してから何処に行くにもトイレが有料で困った。

小さい方で毎回1€は高いので、どうにかならないか考えた。

  1. 大きいホテルのトイレを利用する。
  1. スターバックスのトイレを利用する
  1. 茂みに隠れて・・・

注意)スタバはレシートにPW記載がある場合もある

注意)ファストフードでレシートの提示が必要な店もある

■ロシア

トイレットペーパーが流せない

若い女性も大自然で用を足している風景も普通

■モンゴル(ウランバートル)

トイレットペーパーが流せない

大自然が気持ちいいと思うw

■ジョージア

トイレットペーパーが流せない

■アルメニア(エレバン)

トイレットペーパーが流せない

■トルコ(アンカラ・イズミル)

トイレットペーパーが流せるところもあるが、

流せないところもあるので半々。

■ギリシャ

わからない(理由滞在1日のみ)

■ブルガリア(ソフィア)

トイレットペーパーを流せる

■セルビア(ベオグラード)

トイレットペーパーを流せる

■ハンガリー(ブタペスト)

トイレットペーパーを流せる

有料トイレ(1€程度)

■チェコ共和国(プラハ)

トイレットペーパーを流せる

有料トイレ(1€程度)

■ポーランド

トイレットペーパーを流せる

■ドイツ

トイレットペーパーを流せる

有料あるかも・・記憶にない

■スロベニア

トイレットペーパーを流せる

観光地有用有り

■イタリア

トイレットペーパーを流せる

■フランス

トイレットペーパーを流せる

■スペイン

トイレットペーパーを流せる

【スペイン】Happy Riderへ到着

アルボラチェを後にして、マドリードにあるハッピーライダーへ向かう。

毎度、下道ルートを選択してスタートを切るのだが、ここ数日グーグルマップの調子がわるい。

走行ルート

GPSが停止して動かない

ホステルでネット回線がつながっている状態で目的地を設定してからスタートを切っているのだが、途中でGPSが止まって動かない状況になるようになった。終了して再度設定し直せば良いのだが、生憎ネット環境が無い状況。

道路の脇には広大な畑が広がっている。小さなジャガイモに見える石コロと赤土。そこから生えて来ている新芽が青々してなんとも言えない。

こんな畑が結構な距離まで続いていた。昼ごはんはお決まりの即席麺でも食べようとするのだが、以外と入って食事をするスペースを探すのに苦労した。

前日、1.092€だったガソリンも残念ながらジリジリ上がってきた。 本日は1.2€を超えてしまったw

糖質制限にはうってつけのポークスキン。ヨーロッパ圏でも売っているんだね。味付けはダメダメw

ハッピーライダーへ到着

予定時刻を1時間近く回ってしまったが、無事にご自宅兼整備工場へと到着した。

インターホンを鳴らすと娘さんがお出迎えしてくれた。暗かったので奥様と勘違いしそうになったが、年齢が若すぎた。むすめさんと気がつき話してみると、日本語にたどたどしさは一切ない。スペイン語の方が得意なんだそうだ。将来は日本で働きたいと希望を持っている。

しばらくするとご夫婦も笑顔で出迎えに出てきてくれた。

愛車を目視チェック

早速、ホセさんがハンドライトを手に愛車を丁寧に見てくれている。基本的なタイヤやパッドの減り具合やリアサスの具合といった感じだ。翌日、工場に入れてしっかりと確認することになった。

ウオーターポンプ問題発覚

今日愛車を眺めていると、ウオーターポンプ周りにエンジンオイル滲みらしき跡があった。はて?エンジンオイル交換の際に垂らしてしまったかなと考えていた。

コレを思い出してホセさんに聞いてみると、早速チェックしてもらう。

なんとクーラント液とエンジンオイルが混じってしまっていることが発覚。我が愛車の1番大きい問題となった。

故障前に知らせてくる愛車

クーラント液はエンジンを冷却する大切な装置。アフリカ入国前に発覚してくれたことが不幸中の幸いだった。残りのクーラント液もLOWゲージをはるかに下回っていて底に1cmと僅かだった。

予想していた以上に大分費用が膨らんでしまった。

大丈夫か俺の懐事情w

【スペイン】アルボラチェという街へ辿り着いた

バレンシアから東に向けて走ること50km。道中はバレンシア地方らしくオレンジの香りに幾度も包まれた。バイク旅ならではの経験に気分が上がる。

出発して1時間半程度で小高い丘に囲まれたアルボラチェという街へ到着した。

Torre de Alborache(ホステル)

ナビにしたがって到着してみると門構えが立派。門扉を潜り100m程を石畳の道をゆっくりと先に進む。

左右には手入れの届いた木々があり贅沢つくりになっている。

そんなことを思っていると、入口エントランスへ到着した。

ここはホステルですか!?

特徴的な障害を持った人々が入口付近で楽しそうに歌ったりして過ごしている。一瞬、障害者支援施設に間違えて入り込んでしまったのではと錯覚した。

車椅子を押している男性スタッフに、ここはホステルですかと質問すると。そうだと回答してくれた。安心した。間違いないようだ。バイクを止めて受付に行くが、今度は受付がない。事務所らしき部屋に無表情の中年女性が座っているだけ。

見向きもしないので、チェックインしたいんですけどと申し出る。チラ見するなり、どこかに連絡をして男性スタッフが登場。ミッキーカーチスに似ているw

チェックインを終えると、彼が館内設備を説明してくれた。

エントランスを右にいくとプールへ続いている。

ここは敷地面積が広大なホステルだった。当初、ドミトリー式かと思っていたけど、全て個室だったので嬉しい誤算。

ツインルームで室内にはバスとトイレも整っている。窓から外に目を向けるとプールがある。

シーズンオフなので利用はできないが、年中メンテナンスされているようで定期的に水が放水されていた。又、広い中庭を突っ切るとフィットネスジムまである。

宿泊費用

コレで朝食が付いて1,980円は満足度高いね!

Wi-Fi環境

ロビーの一角でしか電波は届いてない。速度も現実的ではないので、測定不能としておく。

場所

【スペイン】バルセロナといえばあの建築物!

フランスのカンヌ滞在後、スペイン入りしたメタボン。ダリの故郷であるカダケスを堪能した後に、バルセロナへ向かった。

完成が見えない建築物

バルセロナといえばサクラダファミリア。

旧友の建築家も一度は行ってみたいと口にしていたことをふと思い出した。

サクラダファミリアへ到着

到着するも気分が乗らない。ドローンの関税問題が直前で発覚したからだ。ヨーロッパに入ってどんどん手持ち金が減っていってる。

どうにかしないと。

—————-

00:00

◆INOUTホステル前からスタート

ネット回線絶好調!今までで1番早い!

10分動画アップロード推定1分程

02:09

走行動画(1分4秒)

ジローナ→バルセロナ迄

※ダイジェスト版

03:15

◆サクラダファミリアへ到着するが・・

熊避けスプレーは違法だった!

バレンシアへ向けてスタート

05:25

走行動画(1分11秒)

バルセロナ→田舎の葡萄畑迄

—————-

【フランス】カンヌの市場散策してみた

Marché Forville

カンヌのホテルを出発してスペインのカダケス方面へ向かうが!?

逆方向へ行ってしまう。もとのルートへ戻ろうと必死になるが、一方通行に行く手を遮られて、迷い込んだら市場を見つけた。

市場好きなので、当然立ち寄ってみた。

市場の入口付近。とっても活気があって、こちらも元気になってくる。

ヨーロッパ圏の市場ってとても清潔なので安心して買える。

俺の大好きなパエリア!なぜ、フランスで出会うの?

買おうと決めていたのに、隣で販売されていた黒と白トリュフの存在に圧倒された。

結局買うの忘れてしまった。

バイクで出発してから気がついたw

これはなんて料理だろうか?なんかのお肉のトマトソース煮かな。

もう、どれ見ても美味しそうだ。

全体風景。

賑わっているのが見てわかると思う。

野菜も本当に新鮮なものばかり。

近くのレストランも仕入れに来ていた。

穀類や根菜類も充実してる。

コレなんて名前だっけ?

キャベツの煮たやつ。

ラビオリも売ってた。

ガラスに入れられた黒トリュフ。

見とれてしまったw

あれっ?既に削れてるぞ。スライスされたのはどうしたのだろう?

味見でもされたんかな。それとも少量でも売ってくれるのかな?

おぉーっ!初めて見た生の白トリュフ!!

スライスしたの香りを嗅いでみたい。

1kgが3500€になってる!(日本円換算 45万円)

オリーブも大量に販売してる。

手前の女性がとても綺麗なのに気立てもよくて試食させてくれた。

ゴープロ回せばよかったと後悔w

ハムやベーコンが買える。

果物も沢山ある。

昼用にバナナ2本だけ購入した。

外では楽器で音楽を奏でて優雅な空気が流れる。

やっぱ市場散策は1番楽しい!!

場所

【フランス】カンヌで手頃なホテルを見つけた!

昔から憧れだったカンヌへ到着した。カンヌと言えばやっぱり、映画祭が有名なんだろうな。

北野たけし監督もカンヌでは映画監督として有名って聞くし。

さて、ニースで滞在している際に事前にホテルを予約していた。カンヌからバイクで10分ということもあり、バイク移動の自分は立地条件さして問題ではない。中心部まで徒歩でも十分に行ける距離だ。

Villa Belle Rive

ホテルへ到着してみると、リモコン付きの自動開閉ゲートある。出入りは鍵についたリモコンで開閉して出かけることになる。ホテルから直接ビーチにも行けちゃうのが嬉しい。現在は12月を迎えているので、オフシーズン価格なんだろうな。

メラメラ燃え上がる映像と共に温風が噴き出してくる。小さい個室なので充分に暖かくなる。てか、暑いw

天井には窓が付いているので換気ができて便利。

宿泊料金

小さな個室 30€(日本円換算:3800円程度)

高級リゾート地では良心的な価格設定。スタッフも超がつくほど親切丁寧だ。家族経営かもしれない。

坂の上が開閉ゲート。常に閉じられているので、セキュリティは万全。それでもディスクロックはしといたけどね。

裏側に回って撮影。敷地はなかなか広い。

夏にはプールが利用できる。蓋が被せられてて、ちょいと寂しげに映る。

Wi-Fi速度

ビーチまで徒歩1分

宿泊者には部屋の鍵と、自動開閉ゲートのリモコンともう一つ鍵が渡される。それはビーチへと続く扉の鍵。

浜辺に出たら、料理を作りたくなったw

毎度お馴染みのパスタを茹で上げる。手頃なワインも増えて大満足。イタリアよりも食料品が安くなってきてる印象。もっと高くなるかと思ったが意外。

後ろには道路が走っているのだが、車を止めてカップルや老夫婦が夕焼けを楽しんでいる。

場所

熊撃退スプレーを日本から持参しよう

日本で高いので海外で買った方が安いだろうと、持参せず日本を飛び出した。実はロシアでも必要だったのだが、アウトドアショップで探し出すことができなかった。

熊撃退スプレーの役割

熊は当然だが、人からの襲撃に対しても役立つだろうと考えている。特にキャンプ場ではい場所での野営では心強い味方になってくれる。

熊避けが最強

護身用のスプレーがあるが、これは熊などにはあまり効かないようだ。目の周辺に掛かっても擦れば拭き取れると情報がある。熊用は油性なので簡単には取れない。取れない間は効果は持続する。

スペインでは違法商品だった

バルセロナには多数のアウトドアショップが立ち並ぶ。尋ねてみると、強力な熊除けスプレーなどの販売はスペイン国内では違法なんだそうだ。確かにスペインAmazonで検索してもヒットしなかった。イタリアでも同様。

日本から持ち込もう

世界へ愛車とともに旅立つのならば、日本で購入して持参しておこう!少し値段ははるけど、有るのと無いのでは雲泥の差。

コリャなんだ!?

負けるだろっw

【スペイン カダケス】謎の珈琲に迫る!

イタリアのピエトラリーグレでお世話になったエッツィオ夫婦から、スペインに行くならカダケスへ是非行ってみて欲しいと色々と情報をもらった。

謎の珈琲

なんでもカダケスの中心部になあるBARでは、

他では見られない特別な珈琲があると聞いた。

正体を知りたくて、色々質問するのだが、

一向に教えてはくれない。

「行ってからのお楽しみ」と口にする。

横から見る彼の顔がほころんでいるではないか。

少年と話をしてる気分になったw

スペイン入国後一路カダケスへ

カダケスへ向かう道中の港町で小休憩を挟む。

この街では日本みたいな公衆トイレが無料で利用できるので、治安は良いのだろうと感じた。

青い海と白い壁って綺麗だね。

洗濯物までもが、いい味出てるw

こちらも道中で撮影した一枚。

上の画像とは順番が前後逆だったかも。

ご愛嬌ね。

密かにアピってみたw

わかるかな。

ダリの故郷 カダケス

中心部にはダリのブロンズ像が建っている

カダケスはスペイン北東部のカタルーニャ州からフランス国境まで続く地中海沿いの「コスタ・ブラバ」海岸を代表する高級リゾート地なんだって。エッツィオ氏曰く、バルセロナのお金持ちが別荘を建てているそうだ。

動画ではダリの生まれ故郷と言ってしまったけど、実際は違ったみたい。ダリは夏になると避暑地として毎年のように足しげく通ったお気に入りの場所。その後に漁師小屋を買取って大邸宅へ作りあげたんだって。

お目当てのBARは真横にあったりしてw

BAR MARÍTIM

店内もオシャレ。

カクテルも各種取り揃えている

入り口付近

先客の夫婦。絵になるんだよな。

反対側を一枚

店の前にはバイク駐車スペースがある。

珈琲の正体

正式名称:Un cremat porfavor

GoProで動画撮影しようと思っていたんだけど、SDカードがフルになって録画ができなかった。

冷たくなる前に飲みたかったのでカメラで一枚。

飲む前には演出があるぞ

店員がライターで珈琲に火をつける。残念ながら夕方の日差しの中だったので炎が見えいない。

夜だったらきっと綺麗だろう。

謎の味について

珈琲というか、甘いお酒って感じかな。

幾つかのリキュールとシナモンで香りづけ。

飲み終わった後に珈琲の香りがする程度。

めちゃ甘いお酒なので、上に浮いている深煎りした珈琲豆が苦くて丁度いい感じ。

BAR MARÍTIM所在地

イタリアでのスマホナビアプリについて

イタリアは日本に比べても高速料金は安いんだけど、先を急ぐ話けではないから下道ルートを走りたいんだよね。塵も積もれば山となるw

Maps.Meで下道移動してみたが…

スロベニアからイタリアのベネツィアへ移動する際に、マップスミーで高速道路を外して何度も短い距離でルートを引いていた。何度も繰り返される目的地設定が手間だった。

モンゴル入国からMaps.meを多用してきたのだが、下道ルートを選択する機能がない。モンゴルでは下道しかないので不便さは目立たなかったのだ。が、ヨーロッパ諸国へ入国すると高速道路があるので高速ルートをナビってしまう。ブルガリアやハンガリーで踏み倒し状態で抜けてきてしまった。

そこで、封印してきたsygicが下道ルート設定ができるので活躍の予感!

Sygicを封印した理由

実はこのsygicの弱点は住所検索が使えないのだ。日本語で検索できるものもあるが、データとしてはごく僅か。更に英字入力してもかなりの確率でヒットしない。有料なのに…。

双方に利点と欠点がある

▪️マップスミー(maps.Me)

利点→ 情報量が圧倒的

欠点→ 下道ルートが引けない

▪️シジック(Sygic)

利点→ 下道ルートが引ける

欠点→ 住所検索が使えない

互いに弱点を補完する

2つのアプリ同時利用がキーポイント!

例えば目的地のホステルへ行きたい場合には、sygicアプリで大まかな都市部まで到達する。

バックグラウンドで動作しているmaps.meへナビを引き継ぐことで、無事にホステルへ到着できるって小技。

1. Sygicで大まかな都市を選択する(下道ルート)

2. Maps.meでホステル等の詳細選択する。

Sygic下道ルート設定方法

目的地を設定するとルートが引かれるが、有料道路やフェリーが優先されている状態。

右上の“OPTION”をタップすると、上記画像が画面に表示される。

緑色になっている場合には“Motorways”と“toll roads”が有効になっているので外す必要がある。

指でタップすることで緑色からグレーに変化する。これで下道ルート設定完了。

関連記事

モンゴルではMaps.meの1択

« Older posts